Browsed by
カテゴリー: 新型インフルエンザ

食あたりでの薬は厳禁?

食あたりでの薬は厳禁?

6/3 曇りのち晴れ  [曇り][晴れ]気温27、18度 湿度低

今日はたいへんです!!
昨日の晩に食べた生マグロにあたってしまって、ひどい食あたりになってしまいました。
午後からは回復しましたが、体中の水分(熱)を一旦全て対外に放出しましたので、気温は高いのですが、ずっと寒気がしていました。
なので、手軽な宮野100円温泉へ浸かりに行きましたがあまり効果はなく、せっかくの良い天気なのにふらふらの状態での作業、ハンマーナイフで草刈りをしてサツマイモ畝を耕耘してと、だましだましの作業でへとへとですorz

体調不良でもこの時を逃すと、ということがあるのでこの場合農業はつらいです。

まあ、この時期に生ものを食べなければ防げる話ではありますので、今後はそのように対応したいと思います。(イチローみたいな徹底した管理が必要ってことですね)

ちょっと汚い話かもしれませんが、もし食あたりにあった場合は毒性の大腸菌が毒を出している可能性がありますので、薬を飲まずに全て対外へ出すことをお勧めします。
もし、薬を飲んで下痢を止めた場合、大腸菌が体内で毒を放出し続けるため最悪死亡してしまします。
風邪もそうですがあくまで人間の持つ治癒力に任せるべきです。

最近は新しい大腸菌がドイツで産声を上げていますので、なんだか2年前の弱毒性インフルエンザのような、製薬会社がスポンサーのマスゴミが総出でパニックを起こそうという考えがあるかもしれませんので要注意です。

つらいですがおう吐や下痢によって大腸菌を全て対外に出しましょう!!

新型インフルエンザ4

新型インフルエンザ4

昨年のことですが、新型インフルエンザが流行したということでメディアが一斉に危機を煽っていました。

そして、新型と言いながら実は弱毒性で危険性がほとんどないにもかかわらず、厚生省は検査もしないでワクチンを大量に余るほど(1月2月に流行るかもしれないという理由で)輸入しました。

そこで、明らかにおかしいと思いましたのでブログに書きましたが、とうとう現場の医師からも告発が出てきております。

http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/534.html

<転載開始>

[1504]クスリ地獄 投稿者:おじいさん投稿日:2010/02/26(Fri) 20:27:23

最近、会員にさせていただいた者です。
番号5747番です。
とりあえず、おじいさんと名乗らせていただきます。
職業は医師です。
副島先生の御陰で世の中を見る目が変わりました。大変ありがたいことです。
大変僭越ながら私の日常業務に関することを書かせてください。
アメリカ国債が直接日本の資本を食いつぶしているのは一般国民の間にも知られるようになってきました。
これとは別に、国債に匹敵するほどだと私は思っておりますが、アメリカは日本の社会保障費をロンダリングして、医療薬剤によって、搾取行為をしていると考えております。
今 年度、日本中を席巻しました、インフル騒ぎ、あれは医療現場でワクチンをつかっている者からしても明らかに何の効果もないまがい物で、私のように疑り深く ない人でも、何かおかしいと感じる声が多かったです。副島先生ご指摘のようにあれはアメリカがばらまいたものだと思います。
実はこんなものは規模が小さくて、抗うつ薬、コレステロール、糖尿病、高血圧薬(いわゆるメタボ系薬剤)、さらにすごいのが抗ガン剤など、これらの薬剤費のほうが、圧倒的に莫大なのです。
はっきり言ってほとんどアメリカ、ヨーロッパを資本とする製薬会社が薬物を生産しており、医師の洗脳活動がとても活発です。
権威をつかった講演会や勉強会を頻繁に開催し、あまり勉強しない先生方をうまーく洗脳します。そしてその経費を薬価として厚労省に圧力をかけるわけです。
ご存じのように日本の医療費は労働者は自己負担が3割で高齢者が1から2割という比率です。子供はおおざっぱに言ってタダです。
すなわち、7割以上は税金から医療費は出ているという当たり前の前提ですわなち税金で薬剤費を支えているわけです。
最近は、タダの子供に製薬会社はターゲットをシフトしています。今回のインフル→タミフル処方パターンはその典型であったと思います。
皆 さん知らないかもしれませんが、薬剤というのはメチャクチャ高いです。実費で払ったら年収5000マンくらいないと末期癌の治療はできないかもしれませ ん。しかし、医者の技術料は散髪代より安いです。しかも、やましい薬理効果の薬が日本には大量にあり、特に年寄りは旅行鞄に10から20種類の薬剤を弁当 のように飲まされているというのが日本の医療の実情です。
今回の診療報酬改定で薬剤費を下げ、診療報酬をあげたのは民主党のアメリカ離れとして私は評価しております。自民支持の日本医師会は怒り狂っておりますが。。
医療崩壊とは言いますが、ようするに病院から医者がいなくなったというのが、医療崩壊の起点でありその結果起こることは開業医の増加です。
すなわち、開業医の増加は薬剤処方の増加につながります。
なぜなら、開業医の主たる治療法は薬物療法でしかないからです。
医療費の増加と言いますが私は正確には薬剤費の増加であり、すなわち、外資系製薬会社の潤いだとおもいます。
私はこれは広い意味でアメリカの作戦ではないかと感じております。
こんなところにも、日本の国益を損なう謀略があるのだと言うことを知ってほしいと思います。

私 ははっきりいって、ちょっとしたことで、病院なんかに行っては行けないと思います。人間の体は人間が診察することでもっとも理解できると思っています。そ の複雑なバランスは検査では限界があります。ところが、世間の人は検査と薬剤がサイコーの治療だと思っているわけです。だから、医者はきちんと診察する と、経営が赤字になるわけです。そんな奴は誰も雇いません。開業したって、年収200マンです。

今後日本の税収が減る中で、これでもかこれでもか、と薬剤搾取は起こるでしょうが、それによって医師そのものが自分の首を締めていると気づくのはいつのことでしょうか。。
どうも長文失礼しました。

<転載終了>

このように、あのインフルエンザ騒動というのは外国の製薬会社が利益を得るためのものだったのです。

おそらく、製薬会社からメディアへいくらかのキックバックがあったことでしょう!!さらに毎年高騰している医療費についても言及されております。

最近、ネットの広告内容を見ると、私うつ病かも?と軽い感じで書かれている広告を目にします。

私もちょっとうつかなぁと軽い感じで病院に行くと間違いなく薬漬けにされ、一生、科学的なうつ病にさせられてしまいます。

薬をやめればよいのですが依存性が高いためなかなかやめられないようです。

詳しくはこちらを

弱毒性新型インフルエンザが猛威する本当の理由3

弱毒性新型インフルエンザが猛威する本当の理由3

新型(豚)インフルエンザのピークが過ぎたとの報告がありました。
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc%2Fdomestic%2Fswine_flu_outbreak_in_japan%2F#backToPagetop

以前から主張していましたが、これはメディアと製薬会社のタイアップキャンペーンであり日本国にワクチンを大量に買わせるのが目的だと思います。
これを決めたのは自民党でアメリカロックフェラーのポチなのだから当然のことです。
しかも、民主党が選挙で勝つことがわかっていた段階でインフルエンザが本来流行期ではない時から盛んに報道していました。
毎日1人増えた2人増えと
まあ、アメリカの国民は危険性を察知し接種拒否が半分ぐらいいたようでアメリカではとても処理しきれず日本に押し付けたようです。

そして、日本の国民分買いましたが、中には僕のように全く騙されない人も多かったらしく結果は、ワクチンが大量に余りました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091227-00000548-san-soci

ということで、ワクチン製薬会社はこの大不況下で大儲けでしょう!!
そして協力したメディアにも当然キックバックがあるはずです。最近のメディアは大赤字なので

もともとこのインフルエンザは弱毒性といっておきながら、さも感染すると死んでしまうような報道をしていました。

郵政民営化の真実でも書きましたが日本のメディアはアメリカが支配しています。(直接ではありませんが)
なので、すべてアメリカのロックフェラーの意向にそって報道されます。
民主党の鳩山さんや小沢さんにたいしてもそうですね

今の民主政権は東アジア共同体構想などアメリカにとっては非常に都合の悪い政権です。
何が何でもつぶしてやろうと鳩山さんや小沢さんに対して金に対してきたないイメージを植え付けようとしていますが、あんまり効果ないようです。

鳩山さんについて云々いうのであれば2世3世議員だらけの自民党なんか親からたんまりもらっていると思うのですがね?
それよか、身内からお金もらって企業から一千ももらっていない鳩山さんはどう考えても今までの自民の総理大臣に比べてきれいな人だと思います。

はやいとこ自公が作ったでたらめな経済構造をぶっ壊してほしいものです。

弱毒性新型インフルエンザが猛威する本当の理由2

弱毒性新型インフルエンザが猛威する本当の理由2

11/22日曜日に山口県でついに新型インフルエンザで死者が出たとNHKが放送していました。
内容をよく聴くと、もともと持病があり、熱が40度になったのでリレンザを3回投与したでした。
これってどう考えても新型インフルエンザではなくリレンザで死んだような気がします。

新型インフルエンザは弱毒性で死亡率も季節性インフルエンザに比べて1/100以下なのになぜかテレビは季節性インフルエンザそっちのけでこの弱毒性ばかりを煽っています。
アメリカの国民はインフルエンザのワクチン接種を拒否しているとのことが報道でありましたのでそのぶん是が非でもワクチンを日本で売りさばこうとのことなんでしょうか?
日本の国民は進んでワクチン接種を希望しているようです。

前回も書きましたが新型インフルエンザは弱毒性なんだから、危険性はほとんどない!!
(日本の季節性インフルエンザ年間死者は約1万人で新型は50人ぐらいうちタミフル飲んで死んだ人何人だろう?)
熱が出て苦しいけど、それは体が必死にウイルスの増殖を抑えている現象でそのうち体内で抗体ができればすぐに良くなります。

http://allabout.co.jp/health/medicine/closeup/CU20051115A/

上記はタミフルの説明ですが、書いてある通りウイルスの増殖を抑えるのであって、これを飲んだら治るわけではありません。
あくまでもウィルスを退治するのは人間の体内で作る抗体なのです。

この患者はすでに40度の熱を発症していましたのでおそらくウイルスの増殖がマックスになったために体が必死に体温を上げて増殖を抑えていたことが想像できます。
体が全精力を振り絞ってウイルスと戦っていたときにおかしな副作用付きの化学物質をウイルスがすでにマックスに増殖していて投与するタイミングが過ぎた状況で投与されて死亡したとしたら、これは薬害の可能性があります。

まあこれはあくまで僕の妄想なのでなんとも言えませんけどね。

弱毒性にもかかわらず季節性インフルエンザの致死量のほうがはるかに高いのになぜか新型ばかりをテレビが煽りすぎている。
これには裏があるぞと考えたほうが良いでしょう。

大赤字のテレビ局のスポンサーが製薬会社なので、テレビ報道によってスポンサーが大儲けできた際にはバックマージンがいただけるのでしょうかね。

弱毒性新型インフルエンザが猛威する本当の理由

弱毒性新型インフルエンザが猛威する本当の理由

昨日から微熱が下がりません。
農作業で体力消耗しましたからねー(やはり休むべきでした[わーい(嬉しい顔)]

さて世の中、新型インフルエンザでパニックになりつつあります。
昨日NHKのニュースでは以下のように伝えていました。

  1. 全国でワクチン予防接種をした人 150万人
  2. 医療機関訪れて感染が確認された人 1病院当たり 33人
  3. 死亡した人49人

明らかに伝え方が変ですね。
以下疑問

  1. なんでワクチン予防接種した人数を発表する必要があるのか?
  2. 今現在何人が感染したかを言わず、1病院当たり33人(病院の数を自分で調べて33をかけろというのか?)
  3. 死んだ人はわずか49人 (ちなみに普通のインフルエンザで死ぬ人は確か毎年1万人ぐらいのような)

新型インフルエンザはものすごい弱毒性です。(普通のカゼ以下です。カゼの人のほうが多いと思うけど)

NHK問わず、メディアはことしの夏から、一般の人を明らかに煽っています。
新型インフルエンザはものすごい弱毒性にもかかわらず、少しでも感染した人にはタミフルを投与しているのではないでしょうか?(なんせ大金はたいて大量に輸入したと言ってましたから消費しないといけません)
死んだ49人はどうもタミフルの投与が原因のような気がします。
(なんせ弱毒性なのだからそう簡単に死ぬわけない)

この報道だと単なるかぜの人も怖くて病院に行ってしまいます。結局儲かるのは医者と製薬会社です。
そして、アメリカでは売れないタミフルを日本人に買わせるためにマスコミを利用して煽っているものと思われます。

前にも言いましたが、アメリカおよび世界を支配しているのはデービットロックフェラー(94歳)
彼はシティーバンクや石油メジャー、種子メジャー、穀物メジャー、そして製薬メジャーとお金の力で君臨しています。
日本のメディアも電通を支配することで、握っています。

なので、一大キャンペーンを展開して売れないタミフル(副作用で発狂するとか)をさばいている最中なのでしょう。
ワクチンもアメリカ産だしね
みなさん騙されないように!!

なお、かぜやインフルエンザは実は薬では治りません。
人間の体が発熱してウィルスの活動を抑制して(ウィルスは熱に弱い)抗体ができて、
ウィルスを撃退して初めてかぜやインフルエンザが治ります。

なので薬を飲んで熱を下げる行為は、どう考えてもかぜを長引かせるだけで、さらに医者に行って薬をもらって飲む行為は、通院が長引くだけで医者が儲かるということになります。
ということで我慢して熱をしっかり出してしっかり寝て無理をせず直しましょう。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1432402594?fr=shopping_search

消されるかもしれないので以下に抜粋

——–質問———————————–

新型インフルエンザの何に怯えているの? 弱毒性って意味が理解できない?

新型インフルエンザの何に怯えているの?
弱毒性って意味が理解
できない?

致死率が高いと大騒ぎした製薬会社とメディアに踊らされて楽しい?
死んだ人はぜ~んいん
タミフルを飲まされてます
タミフルの服用が遅れ
たからだと言った方もいましたが
発熱後翌日にタミフル
を飲まされ死んだ人もいます
厚労省は死亡原因とタ
ミフルの因果関係を否定できないと
言っちゃってます
肺炎で死んだ人の原因
はウィルスではなく
解熱剤に含まれる非ス
テロイド抗炎症剤(NSAIDs)と
タミフルを投与された
からじゃないのかと疑われています
これって薬害の疑いが
大でしょ

おっしゃる通り、薬害

の可能性は非常に高いですね。

ただ、全ての死亡者が タミフルを使用していたわけではありません。

おそらくは、何らかの 薬を併用していた疑いが高いですがね。

読売系では報じません が、タミフルを飲まなかった盛岡の2歳児は、熱性痙攣が以前からあったようなので、熱に対して敏感であったことは間違いないです。

●日本人が知らない恐 るべき真実●

インフルエンザの死亡 率:季節性0.1% 新型0.001% ワクチン0.001% タミフル0.001%

タミフルの使用率:日 本 77%(子供は米国の13倍) 米国 20%
タミフルの副作用:30人に1人
タミフルの売上:今年に入って33倍
タミフルの胎児毒性:新生児の4日間死亡率が4倍

タミフルの効果:イン フルエンザ脳症の予防→嘘、重症化を防ぐ→嘘、せいぜい1日早く回復するだけ←これも全員がそうなるとは限らない。

タミフルの会社の大株 主=ラムズフェルト米元国防長官(戦争屋)
アメリカはこれまで、年次改革要望書で薬を売りやすくしろと強要している。

アメリカ→官邸・電通 →マスコミの日本支配
3S政策:スクリーン・スポーツ・セックス漬けにして、国民を愚かにさせる政策。
それによって国民は思考停止して白痴化が進み、権力から与えられた情報を鵜呑みにし操作されるようになる。
義務教育や、戦前のプロパガンダも同じく洗脳。

新型インフルエンザウ イルスの誕生は人為的。
CFR(外交問題評議会)は世界人口の40億人の削減が目標。
金融の仕組みはロスチャイルドが作り、その一族が世界の金融を支配している。
金融を支配するということは、全てを支配するのと同じこと。

戦争も、例外なく彼ら が引き起こす。
日本がロシア戦争に勝ったのも、彼らからの資金提供があったから。
神宮ができたのは、戦争に勝つためにユダヤ教を真似たため。
神輿を担ぐ時や、相撲の掛け声、ソーラン節などはユダヤ語。
義務教育の目的は、均質の労働者、兵員を大量に養成することであり今もそのまま。
助け合いや個性など不要。従順な家畜を調教するためのみ。

坂本竜馬や福沢諭吉は フリーメーソンの一員。
明治時代、日本は植民地であった。

ダヴィンチコードや天 使と悪魔は、プロパガンダ映画で、ブッシュ一族が作らせた。
ダヴィンチコードの放映前は、日本でも異常なほど広告・PRが行われた。

これらは全て真実です 。
ソースもありますが、おおすぎて出し切れません。
自分で調べてね。

————-ここまで———————

一般の主婦を中心に相当神経質になっています。
少しでも熱が出たら、新型インフルエンザだと決めつけています。
日本中かなりの人が弱毒性インフルエンザをまるで不治の病のように洗脳されてしまっているようです。
昨日のNHKの報道を聞くとまるで150万人が感染したように取られてしまいますが、そうは言っていません。

郵政の問題にしろ全く真実を報道しない状況から、早くメディアがインチキで国民を洗脳する道具であることを一般の人に理解してもらはなくてはなりません。