2 Comments

  1. 油井

    私は学生時代の夏休みに長野のレタス農家で2ヶ月間だけアルバイトをした経験しかありませんが、農業に興味がありawaya農場さんのブログを興味深く読ませていただいています。
    政治経済記事でちょっと気になったことをコメントさせてください。
    鳩山さんの言う東アジア共同体ですが、EUのようなものを念頭においているのだとしたら、これはありえないでしょう。
    中国の場合、日本との経済発展のレベルや賃金水準があまりにも違いすぎます。何億もの中国人が移民として
    日本に押し寄せるでしょう。
    ロシアや韓国が鳩山さんに好意的なのは自分たちの要求を呑ませる事が出来そう呑ませることがたやすそうだからです。
    そもそも中国は自国を中心とした元経済圏を主張しています。
    社会主義国があり、独裁国家の世界最貧国があり…。東アジア共同体(経済圏)などゆめのまた夢でしょう。
    「アメリカは世界帝国である。」の部分で中国が現在世界中で行っていることを書いてみます。
    領海・海底資源強奪のための南沙諸島侵略と尖閣諸島の自国領土主張。
    日本のEEZ内で無断での油田掘削。
    石油利権獲得のため、ジェノサイド関与のスーダン政府に莫大な援助。
    各種資源獲得と領土拡張のためのチベット・ウイグル占領と大虐殺。
    この事実についてどう思われますか?
    「結論」部分ですが、私は東アジア共同体は日本にとって百害あって一利なしだと思います。
    日本も中国も韓国もアメリカという巨大な市場があったからこそ発展できたのだと思います。
    そしてアメリカと言う世界一の経済規模を誇る巨大な市場を持ち、民主的で安定した国家体制の国に取って代わる国など当分現れるとは思いませんし、東アジア共同体などと言ったものなどは夢のまた夢だと思っています。
    韓国と中国は国家体制維持のため戦略として徹底した反日教育をしてきました。
    江沢民は「対日外交を有利に進めるための最重要カードとして歴史問題を永遠に言い続けなければならない」と言いましたし、
    李鵬は「日本など20年も経てば地球上から消えてなくなる」と言い放ちました。
    これが現実の国際社会です。
    (それと、ミサイル迎撃システムですが、日米合わせて80%の確立で迎撃実験は成功しています。もっといろいろな人の意見も耳にした方がよいと思います。)

  2. 油井さん
    コメントありがとうございます。
    おっしゃるとおりですね。
    僕も昨年までは同じ考えでした。
    しかし、下記の動画、サイトをよく勉強するとその考えは一変します。
    ※ウォール街のユダヤ金融資本の連中はマスコミ、ネットを使って日本人をいいように洗脳して、対米従属にしていることがよくわかります。
    リチャードコシミズ動画
    http://jp.sevenload.com/videos/6uYtHbW-2009-08-12
    中国の反日教育などなかった
    http://video.google.com/videoplay?docid=-6186892804783029291#
    中国韓国は敵だと世論を誘導するえせ右翼について
    http://www.youtube.com/watch?v=xjyvPxPR24g&feature=PlayList&p=9803AF368F6BA535&index=0&playnext=1
    http://www.soejima.to/
    その他いろいろ
    http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion2/video.html
    副島孝彦
    http://www.soejima.to/
    図書館などで本を借りることをお勧めします。
    ドル覇権の崩壊、恐慌前夜など
    藤原直哉
    http://naoyafujiwara.cocolog-nifty.com/ipodcasting/cat5153941/index.html
    経済アナリスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です