霜害発生

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

1/4 晴れ [晴れ] 気温13、1度 湿度低

暖冬なのでしょうか昼は暖かいです。
和歌山大根はとうたちしてますので、やはり暖かいということになります。
その他のアブラナ科は大丈夫か?

ニンニク I圃場

DSC_0175

昨年は末永圃場のみでニンニクを栽培しましたが、全く大きくならず全滅orz
なので、今年はすべて宮野で栽培してます。

DSC_0176

非常に出来が良いです。
やはり自然栽培については肥料コントロールができないため、適地栽培を心掛けるべきです。

和歌山大根 H圃場

DSC_0177

早くもとうたちorz
こんなに早いというのはあり得ないです。
10月の気候がおかしかったためこうなったのかな?(最近暖か過ぎるし)

まあ、品種によりますのでほかの交配種はまだ大丈夫です。(固定種栽培はこうなることがあるのでプロ農家は種を吟味しないといけません)

ちなみに和歌山大根は10株ぐらいしか作ってないので、影響はありません。

ベンリナ 末永圃場

DSC_0178

強烈な霜が続いたため、昨年末は枯れてませんでしたが、今年になって急速に枯れました。

DSC_0179

ベンリナは寒さによわorz
今年は12月末に出荷完了となるように作付けします。

ビタミン菜、水菜は寒さに強いようで(といっても葉は傷んでいるが)1月に作るならビタミン菜と水菜かな!!

ということで、霜害発生

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です