第二回 市役所との相談結果

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

今朝からずっとのどが痛くて、また風邪かなぁと思っていましたが、どうやら花粉症の季節に突入したとのことです。

これから本格的に農業を始めますが、圃場が山すそなのでとてもつらい作業になってしまいそうです。orz

そんなわけで、昨日予告した通り、山口市役所へ行ってまいりました。

相談内容は以下です。

  1. イノシシ対策に対する補助金
  2. 竹林による日陰の被害
  3. なにか支援金ありませんか?

1、イノシシ対策について

以下の条件がありました。

  1. 個人に対しての補助金はない。
  2. 周りの農家3戸以上で申し込まなくてはならない
  3. 農協に申し込めば個人でも可能
    なぜか!!農協が3人まとめて申請するので農家3戸以上とみなされるため(絶対おかしい)
  4. イノシシ対策の費用の半額を市が負担する

ということで、近隣農家3戸以上が同時に申請しないとイノシシ対策はだめなようで、これはどう考えても農協を経由しやすくするためだとしか思えません。

自民党時代の名残で、農協が儲かるように仕組まれているようです。

2、竹林による日陰の被害

市の管理区域ではないとのことです。持ち主は個人情報保護のため教えられないとのことです。なので自分で探すしかありません。

3、なにか支援金ありませんか?

一番期待しましたが、これも農協組合委員にならないと貰えないそうです。

たとえば、ビニールハウスの補助についてもイノシシ補助と同じく3人以上かつ30a以上のビニールハウスを建設する場合にしか補助が出ません。しかし農協が近隣農家でない農家を3戸申請すればOK

融資については農協ローンなので、やはり農協の組合員になる必要があるとのことです。orz

結論

今は民主党政権ですが、イノシシ対策などの補助事業は自民党と農協がべったりな関係だった時の農政なので、農協を儲けさせるためとしかいいようがない仕組みになっていました。(農協の組合員にならないと無理でしょう)

来年度からはお米の戸別保障制度がはじまり、次年度からは野菜も対象になりそうだとのことでしたから、僕のような野菜農家の場合は次年度から保障されるようです。(逆に農協を経由する上記のようなおかしな補助制度はなくなることでしょう!!)

ということで、農協の組合員にならない限り、現在は支援金を貰うことはほぼ不可能でした。(成果無しorz)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です