方針転換

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

農地もようやく決まり、早速圃場整備と行きたいところですが、まだトラクターが取得できていないなどなにをどのようにやっていこうかが全く決まっていません。

昨年末ぐらいまでは、まずは自然農を行おうと考えていましたが、最近知った炭素循環農法にすっかりはまってしまったためと、自然農で管理できる面が3反が限界なので、当初考えていたやり方とはガラッと考え方が変わってしまいトラクター耕起を考えるようになりました。(まあ最近のブログは炭素循環農法一色なのですが)

炭素循環農法については以下です。

  1. 自然農法ながら慣行以上の多収量を上げることができる。
  2. 上記理論は完璧に説明されており、しかも実証されている。
  3. 完全無肥料無農薬である
  4. 21世紀にふさわしい最先端の農法である。

このように非の打ちどころがない感じなのですが唯一の弱点は畑の転換には2~3年はかかるとのことです。

ちなみに今度お借りした農地は10年間草を刈って圃場に敷いただけです。全く鋤いてはいません。まだ圃場を掘り返していないのでわかりませんが、ほとんど過去の肥料成分は流れてなくなっていることでしょう。そして肥料を入れていないため土中の微生物が豊富になっていることが想像でき、その点では少ない期間での転換は容易だと思います。

ということで、ホームページに書いてある内容は方針転換して、素晴らしい炭素循環農法をメインに行いたいと思います。このため、現在作業手順を大幅に見直し中になっております。

なお、農地の3反ほどはトラクターで進入することが困難になっているため、(道幅がものすごくせまく、となりが川になっているため危険)その部分については自然農をやろうかなと思っています。

この辺はいろいろ農法を勉強しているので、臨機応変にその土地の環境にあったやり方を無理なく行いたいと思います。[わーい(嬉しい顔)]

あと、竹やぶの日陰の問題もあるため一回市と相談も考えています。結構相談にのってくれそうです。新規就農希望される方は利用したほうが何かと都合が良いでしょう!!(補助金くれたりして)

こうご期待!!(トラクター早くほし~)[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です