自然栽培の野菜を食べると、人生が変わる

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

1/24 曇り [曇り]気温11、1度 湿度中

今が一番寒い時期ということで、寒いです。
というか明らかに12月より風が強く吹いてます。
体感温度がその分下がりますので、いやな季節です。
やはり今年は資材を集めてハウスを建設するか?

春菊 F圃場

昨年の9月に定植しました。
未だに新芽が出てきます。
肥料栽培だと肥切れで終了ではないでしょうか?

雑草は赤く枯れてますが、春菊は意外に寒さに強いみたいです。(霜に当たると葉は痛むので防寒が必要)

トンネルしてますが、やはりまだ太陽高度が低いので、加温が不十分orz
大きさが小さすぎるので、収穫が非常に困難です。

2月以降はトンネル栽培の適期になるため、収穫が再開できそうです。

ちなみに、自然栽培の春菊は硝酸態窒素濃度(アク)が極めて0に近いため、生で食べてもすっと喉を通り、春菊の持つ風味を十分に味わうことができます。

それに比べてスーパーの春菊は硝酸態窒素濃度が3000ppmと高すぎますので、生食は避けなければなりません!!(ほうれん草と同じ)

僕は子供の時にうどん屋さんで春菊を初めて食べた時に吐き出しそうなぐらい気持ち悪い思いをしてから春菊がだいっきらいになりましたが、それはアクが強すぎて子供にとっては非常に危険な食べ物だからで、(硝酸態窒素中毒)本能的に正しい行動に過ぎず、子供の野菜嫌いは食べたら体によくないための本能的な行動なのです。

ということで、春菊が嫌いな人は一度無肥料栽培の春菊を食べて見るとよいです。
きっとやみつきになることでしょう!!(今までの人生なんだったの?となります)

ぽちっとしてね!!

ビジネスブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です