砂漠に水

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

11/2 曇り [曇り]気温15、9 湿度中

今朝は冷たい雨が降っていました。
で、いつものように育苗ハウスにこもって苗の手入れをしていましたが、太陽からの日差しが全くなかったので、非常に寒い!!
ペレットストーブでも設置しようかな?

ハウス用ストーブらしい

ハウス内

潅水チューブもありますが、穴が小さくて水が遠くへとんでしまうため、畝間潅水を慣行中です!!
1.5時間ぐらい潅水させましたが、ぜんぜん水が溜まらないくらい乾燥orz
もはや砂漠状態です。(夏場に一応天井は開けていたが)

ある筋の情報では、この規模のハウスの潅水は20トンぐらい水が必要とのこと。
1分間100リットルの潅水能力のポンプを使用していますので

20×1000÷60×100=3.3時間(実際はエンジン回転を下げているので、2倍はかかりそう)

長丁場の作業になりそう!!

とりあえず、定植前に圃場内の水分を満タンにしてしまえば、無灌水で冬作はOKとのことなので、今手間をかけておきたいところです。(冬の潅水は圃場の地温を下げてしまう)

この秋のハウス内での収穫です。

夏とは違って非常に小さいです。(食べると甘い)
太陽エネルギーが夏と今では段違いだからなのでしょうか?

ちなみに、ナス科は夏も今も大きさはさほど変わらないので、瓜科が真夏の太陽エネルギーが必要ということかな?

ということで、瓜は夏作に限ります。

ぽちっとしてね!!

ビジネスブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です