One Comment

  1. ハイブリッド型の自然農法で年収UP

    ハイブリッド型の自然農法で年収UP時代の流れはどうやらハイブリッド型が主流になりつつあるようです。車で言えば、ハイブリッド車のトヨタプリウスが絶好調でホンダのインサイトも堅調です。車業界はハイブリット者のみ勝ち組の状況です。将棋で言えば昔からあらゆる戦法を指す(ハイブリッド戦法)羽生名人がいまだに活躍中です。ハイブリッド技術は制御が難しく、トヨタとホンダ以外はまだ市場に投入できない技術で、将棋についても羽生名人が長年圧倒してきたことはハイブリッド技術が非常に優れ、とてつもない潜在力を秘めていることを意味します。さて、農業についてのハイブリッド技術とは何なのでしょうか?慣行、有機、自然農法を組み合わせて行うのではなく、自然農法(自然栽培、MOA自然農法、自然農)この3つを同時に併用して運用すれば、収益が簡単にアップしてリスク低減もできるのではないのかということです。これを自然農法ハイブリッド方式(勝手に命名)最先端農業の誕生です。まず初年度はリスクが極めて少ない自然農を行います。3反が管理できる限界面積です。1反当たりの収益は 約84万円  ※要前回参照営農初年度の年収 = 252万円次年度は、トラクターを使用します(ものすごい中古で50万円)自然農の管理面積を2反に減らし、トラクター耕機のMOA自然農法を3反にします。次年度の年収 = 84万円 × 5反 - 100万円(トラクター) = 370万円3年目以降はさらに自然農を1反に減らしMOA自然農法を4反、夏に自然栽培でお米を作る(自然栽培は稲作は簡単に慣行から転用可能) 3反 田植え機+コンバインを中古で(100万円) 自然栽培3反は戸別所得補償制度を利用すると約100万円3年目の年収 = 84万円 × 5反 + 100万円 - 100万円(田植え機 + コンバイン代) = 420万円4年目以降は機械代が不要になるため4年目以降の年収 = 520万円 地道にいけば増える要素はいっぱいありますね!!前回同様アルバイトを雇い面積を広げることができればさらに増えていくことでしょう!!一人で農業を行う場合はこのあたりの金額が上限になりそうです。(稲作を自然栽培ではなく自然農で行えば100万円は不必要ですが、労力を考えると自然栽培のほうがはるかに楽ちんです)  実際は機械類がそろった段階で自然農を0にして、MOA自然農法5反(野菜)と自然栽培(稲作)5反 =10反にすれ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です