食あたりでの薬は厳禁?

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

6/3 曇りのち晴れ  [曇り][晴れ]気温27、18度 湿度低

今日はたいへんです!!
昨日の晩に食べた生マグロにあたってしまって、ひどい食あたりになってしまいました。
午後からは回復しましたが、体中の水分(熱)を一旦全て対外に放出しましたので、気温は高いのですが、ずっと寒気がしていました。
なので、手軽な宮野100円温泉へ浸かりに行きましたがあまり効果はなく、せっかくの良い天気なのにふらふらの状態での作業、ハンマーナイフで草刈りをしてサツマイモ畝を耕耘してと、だましだましの作業でへとへとですorz

体調不良でもこの時を逃すと、ということがあるのでこの場合農業はつらいです。

まあ、この時期に生ものを食べなければ防げる話ではありますので、今後はそのように対応したいと思います。(イチローみたいな徹底した管理が必要ってことですね)

ちょっと汚い話かもしれませんが、もし食あたりにあった場合は毒性の大腸菌が毒を出している可能性がありますので、薬を飲まずに全て対外へ出すことをお勧めします。
もし、薬を飲んで下痢を止めた場合、大腸菌が体内で毒を放出し続けるため最悪死亡してしまします。
風邪もそうですがあくまで人間の持つ治癒力に任せるべきです。

最近は新しい大腸菌がドイツで産声を上げていますので、なんだか2年前の弱毒性インフルエンザのような、製薬会社がスポンサーのマスゴミが総出でパニックを起こそうという考えがあるかもしれませんので要注意です。

つらいですがおう吐や下痢によって大腸菌を全て対外に出しましょう!!