レタスの生長

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

4/28 晴れ [晴れ] 気温17、8度 湿度低

昨日の豪雨と違ってよく晴れましたが、風が強くてとても肌寒い一日でした。
日中は風がビュービューと吹き荒れ、さらには昨日の豪雨の影響で圃場がぬかるみまくっていて作業が困難!!
ということで、今日はほぼ一日育苗(鉢上げなど)を行いました。(といっても写真はないのだが)

サニーレタス(B圃場:EM菌炭素循環農法)

Image034

左側の薄い色がセルトレイ育苗苗で、右側の赤い色が地床苗です。
定植はほぼ同時で、当時セルトレイ育苗苗は地床苗の1/10ぐらいの大きさしかありませんでしたが、日に日に追いついてきています。

地床苗は定植時に大部分の根を切断してしまうため、現在は必死に発根中のようです。
なので生長は止まっています。
と、その間に定植時に豆粒ぐらいの大きさであったセルトレイ苗が急激に追いついてきました。

定植時のセルトレイ苗
Image034

寒くて無肥料なので定植時は一円玉より小さいぐらいでしたが、植えると立派になってきます。
幼苗期に飢餓状態にさせることで、生命力がアップするようです。

越冬リーフレタス(F圃場:自然栽培)

レタス

冬の一番寒い時は葉につやが全くありませんでしたが、今は光る野菜になっています。(自然農法の特徴)
歯抜けの部分は越冬出来なかったり、すでに収穫した部分です。
味のチェックをしていますが、冬はつやがなくなって壊死してまずかったのですが、この時期は美味しいです。
ということで、越冬させると今の時期に収穫ができるので、今年は多数越冬させようと思います。

レタスの育苗をどうするか

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

4/23 曇りのち晴れ [曇り][晴れ] 気温17、9度 湿度低

天気予報に反して今日は晴れました。
まあ、予報が外れてうれしいので、よしとしましょう!!

今年は就農2年目の春ですが、昨年のこの時期は開墾ばかりでほとんど作付けしていませんでしたので実際は未体験の季節です。
なので、この時期の育苗や播種についてはいろいろ苦労しています。
その中の一つのテーマがレタスの育苗です。

現在は2つの方法を試しています。
それはセルトレイ育苗と地床育苗です。

セルトレイ育苗については昨年秋はほぼ完璧の域に達していましたが、春では全く通用しないことが判明しましたorz
理由は寒さと乾燥です。
寒さと乾燥で発芽率が異常に悪く(特にレタスは光を感じさせないといけないので、ほとんど覆土せずなのですぐに乾燥する)また、灌水施設がないため常にジョウロでちょろちょろかけなければならないので、他の作業支障をきたす状況です。
なので、発芽や灌水方法を考えなければいけないのですが、時間がないため断念しましたorz

まあ、そこで何気に地床育苗を試してみたのですが、なんとこれがドンピシャリ!!
手間がかからずしかも何もしないで苗が勝手に大きく(セルトレイよりもはるかにでかい)なるので、大助かりです。

現在の移植後の苗の状態

Image032

但し、問題はなかなか活着しないので、移植後なかなか生長してくれないことです。(移植後から大きさは変わっていません)

一方、同時期に植えたセルトレイ苗は

Image033

写真では分かりづらいですが、定植時にはセルトレイ苗は地床苗の実に1/10ぐらいしかなく、色は真赤でした。
しかし、ここへきてぐんぐんと生長を始めたようで、すでに地床苗の半分ぐらいにまで成長して色もだいぶ緑になってきました。(上はまだカラータイマー点灯中)
このペースだともうすぐ同じ大きさになり、逆転していく感じです。
なので、早い生長という点ではセルトレイ育苗の方が優れている気がします。

まあ、でもこの季節は夏野菜の育苗に手間を取られてしまうので、当面は地床育苗になっていくことでしょう!!(夏以降はセルトレイ)

余計な雨

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

4/22 雨 [雨]気温18、12度 湿度中

まいった!!
天気予報がしばらくガラッと雨マークにorz
きゅうりやかぼちゃなどの畝づくりを急がなくてはいけないのですが、この様子だとしばらくトラクター耕耘は無理そうです。
オクラ、里芋も植えなきゃと思っていますが、畑が出来ていないのでどうしようもない!!
来年は、この時期にはすでに畑を作っておかなくてはいけないということがわかりました。

たまねぎ(D圃場:EM菌炭素循環農法)

玉ねぎ

中生か晩生種なので、冬の間全く生長していませんでしたが、ここにきて急速に大きくなり始めています。
玉ねぎはまだ作ったことがないので、教科書通りに昨年9月中旬播種~11月末定植を行ったところ良い感じに生長しています。
この間環保研のベテラン農家さんに聞いたところ、この種の玉ねぎは2月定植でもOKとのことだったので、今年はそのようにしたいと思います。
理由は、雑草処理が面倒で半年以上マルチをしているままなので、はたして地力は維持できるのか?と疑問がわいてきます。

今年は早生種も作る予定です。

レタス苗 育苗 第2弾

レタス

播種してからは灌水していませんが苗が勝手に育っています。
苗にはトンネルをかぶせていますので、雨が降らず表面は常に乾燥状態!!
この状態が野菜にとってはとても良い環境のようです。

ちなみに、常に隙間風が吹きつけている手前側のサニーレタスは発芽率が良くありませんorz
この辺は発芽するまでは問題点が分かりませんので対処できません!!
来年は修正します。

それにしても、夏野菜の育苗に忙しいこの時期はこの育苗方法がとても良いです。

レタス定植

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

4/15 曇り [曇り] 気温21、11度 湿度中

夜中に雨が降るということで、まとまった雨量を期待しましたが、残念!!
お湿り程度の雨量でしたorz

ここ一カ月間ろくに雨が降っていないので、畝は乾きまくっています。
土砂降りの雨がほしいところです。(にんじんがつらそう)

グレートレーク(B圃場:EM菌炭素循環農法)

レタス

結球レタスです。
結球前はこんな姿です。

今日は曇りでしたので、絶好の定植日和でした。

定植

根が活着するまで、マルチの下に入るようにしてなんとか強烈な光線を避けるようにしています。
セルトレイ育苗だと定植時にそんな配慮は必要ないのですが、地床育苗で根を切断して植えますので、定植後しばらくはかなりしおれてしまいます。

サニー

4/9に定植したサニーレタスは何とか活着したみたいです。
新しい葉が出てきました。

苗時代の4枚の葉はどうやら壊死している感じです。(つやがない)

今ぐらいの気候であれば、セルトレイ育苗は必要なさそうです。(気温30度だと無理だろうな)

移植作業の状況

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

4/10 晴れ [晴れ] 気温22、5度 湿度低

今日は雲ひとつない強烈な日差しでした。
昨日定植したブロッコリーは当然
Image031

セルトレイ育苗での定植ではないので、いまいち感覚が分かりません。
あわてて午前中に灌水して、夕方にもしおれていたやつに灌水しました。

とりあえず昨日様子見で植えましたが、もう少し苗を大きくする必要があるかもしれません。
もう少し観察して、活着するまでたっぷり灌水で対応することにしよう!!

サニーレタス(B圃場:EM菌炭素循環農法)

レタス

今日の午前中の状況です。
こちらも昨日に地床で作った苗を移植しましたが、どうやら良好のようです。
しかし、昼の強烈な日差しによって夕方には数パーセントの苗が逝ってしまっていましたorz
こちらも活着するまでたっぷり灌水で対応しなければ!!

グリーンスパン

グリーンスパン

グリーンスパンといえばアランを思い出しますが、昨日のサニーレタスより一回り大きく生長しています。
昨日の教訓より、涼しい夕方に移植しました。
そして、その際はあらかじめ畝にたっぷり灌水したので、手が泥でベチャベチャになりながら移植作業です。
これで明日の移植後の苗の状態を確認します。
これで、うまくいけばな~!!

ということで、初挑戦の移植作業はまだまだ試行錯誤中です。

ひざびさの定植作業

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

4/9 晴れ [晴れ] 気温20、9度 湿度低

昨日の雨で乾燥していた圃場はいい感じに湿りました。
なので、今日は出来あがってきた苗の定植作業です。

サニーレタス

レタス

春先の寒さのため、セルトレイ育苗を断念した結果、考えたのが地床育苗!!
まあ、自然農では当たり前の方法なので、試したところうまくいきました。
しかも無肥料セルトレイ育苗の10倍ぐらいの苗になったのでうれしいです。
但し、昼の日差しのきつい時間帯に定植したため、すぐにしんなりして弱っていましたorz(大丈夫かな?)
明日、確認して大丈夫なら残りも定植します。

F1ブロッコリー

ブロッコリー

こちらも苗が大きくなりました。
夕方の涼しい時間帯に定植しましたので、まあ大丈夫だとは思いますが、こちらも確認してOKなら定植を続ける予定です。

九条ネギ

ねぎ

これも定植しようと思ったらなんととう立ちが始まっていました。
なので、定植しなくてよかったです。
でも深ネギ作りたかったorz
このままネギ坊主にして自家採取します。

黒葉小松菜(F圃場:自然栽培)

小松菜

3月の終わりに播種した小松菜です。
良い感じのスジ播きになっています。(播種機です)
不織布をベタ掛けしたところ発芽が見事にそろいました。
これなら後の管理は楽です。
もうしばらくはベタ掛けしておきます。(っていつまで?)

みやま小蕪(F圃場:自然栽培)

かぶ

こちらは3月10日撒きの蕪です。
ずっとベタ掛けしていますが、トンネル物よりすでに大きく5cmぐらいに生長してきました。
特に昨日の雨で一気に大きくなってきております。
もう根が十分なのでしょう。
もうすぐ収穫かな?

来年のため

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

4/6 晴れ [晴れ] 気温20、3度 湿度低

昨日宣言した通りベタ掛け密封トンネル仕様の畝を作りました。
何を播いたか忘れましたが、豊作になることでしょう!!

ベタ

今日の作業中とても暑くてトンネルはいらないなぁと思いながら通常作業そっちのけで作りましたが、来年のデータ取りのために作りました。
35度ぐらいをキープして蒸し上げる感じで一斉発芽を目指します。

以後はベタ掛けした不織布がある程度の湿度を保つので微生物も活性化!!
一気にアブラナ科(何を播いたっけorz)が生長するもくろみです。

レタス苗

レタス

ちなみに、一か月前に同じようにして作ったレタスの苗です。
こんな感じになることを期待します。

ということで、2月3月の寒い時期に何とか育苗がいらない状態を作りたいと思います。

A圃場

昨年末に播いたホウレン草がとう立ちしてちまったため、全部草刈り機で刈り取った状態です。

Image033

EM菌を播いて畝表面だけをトラクターで細土しました。

Image034
A圃場は昨年5月にEM菌を播きましたが、量が少なかったためか地力があまりないように思えましたので、今回このタイミングで播いております。

再度(というかA圃場は永遠ホウレン草の予定)ホウレン草を播いて地力を確認したいと思います。(今作のホウレン草はいまいちでしたorz)

※炭素循環農法では畝は休ませないほうが良いとのこと、常に野菜を植えることが重要です

ぞくぞくと発芽中

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

3/31 晴れ [晴れ] 気温19、3度 湿度低

今日は暑かった!!
と思ったら20度に達していなかったとは・・・・・
この先訪れるであろう猛暑(35度)にはたして今年も耐えることが出来るのであるか?(去年は暑かったからな~)

真黒ナス

ナス

現在家中で育苗中の真黒ナスです。
芽が出るのに8日ぐらいかかりました。
だいぶ芽が出そろってきましたので、そろそろ移植作業に取り掛かりたいと思います。

ちなみに、昨年自家採取した種を使用しています。

きゅうり(加賀節成り、夏節なり)

きゅうり

ナスよりも早く芽が出たきゅうりです。
移植も完了してビニールトンネルで生育中です。
今朝は気温が0度であったため、自宅倉庫に避難させていましたが、それでも寒くって数株はしおれて死ぬ寸前でした。
でも日中ビニールトンネルで温めるとすぐに復活しました。(無肥料農法だから?)

きゅうり2

早くも本葉が出てきました。

ちなみに、夏節なりきゅうりは昨年自家採取した種です。

レタス苗 3/10日播種

レタス

もう定植出来そうなぐらいになってきています。(畝がまだ整備されていないorz)
セルトレイ播種している苗よりも数倍大きいです。
ちなみに手前の貧そうな苗はサラダ菜です。(サラダ菜は寒いと育たない?)

新黒田五寸人参(H圃場:自然栽培)

にんじん

3/13に播種しました。
寒くて風が強い日が続いたため地温が上がらず、ようやく芽が出てきました。
でも、発芽率悪そうorz

今回から播種機を使いましたが、使い始めたばかりなので、うまく種が落ちているかはわかっていません。(ごんべえではないので)
なので早く結果を知りたい(芽がどれだけ出るか)

無肥料育苗の実際

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

3/27 曇り時々晴れ [曇り][晴れ] 気温12、0度 湿度低

今日も朝は一面の霜景色、非常に寒いです。
日中は日差しがちらちら出ていますが、風は冷たく春はまだ遠いといった感じです。
ちなみに今夜は満天の星空ですので、明日の朝もきっと霜でしょうorz

レタス

トンネル畝で育苗中のレタスです。
3/10に播種しました。
同時にセルトレイでも育苗していますが、寒い時期の無肥料セルトレイ育苗はかなり難しく、発芽率も悪いため、バックアップで畝に播きましが、こちらの方がよさそうです。
(すでに本葉2枚なのでそろそろ定植可能)
ただし、定植はめんどくさそう(セルトレイは簡単)
まあ、苗が出来なければ意味がないので、これでいいです。(早く畝を用意しなきゃ)

ねぎ

深ネギも一緒に播きましたが、発芽はばっちりそろっています。
しかも生長が早い!!

こんなことなら、ミズナ、チンゲンサイも試しておけばよかったorz(セルトレイ苗は、見るも無残)

以下は自宅の部屋育苗

キュウリ

きゅうり

ピーマン(左) トマト(右)

芽出し

芽出しまではうまくいきましたが、移植後をどうするか、

早く暖かくなってほしい!!

春の管理

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

3/22 晴れ時々雨 [晴れ][雨]気温12、5度 湿度中

朝方は無風でしかも晴れていたので、先週播種した大根や小松菜にトンネルをかぶせようとしたら、急に風が吹き始めて作業が出来なくなってしまいました。orz
なんともタイミングが悪いです。

育苗について

今年は寒すぎるのか苗がちっとも大きくなってきません。
自然農法無肥料でのセルトレイ育苗はかなり厳しいようです。
なので、育苗中に余計な労力を使うくらいなら、苗床管理の方がこの時期はよさげな感じがしてきました。

ちなみに、苗床の方がレタスに関しては発芽にしても手がかかりません、水やりもいらずほったらかしでOKです。(絶対こっち)
苗の大きさは2倍くらい差がつきます。(土の量がちがう)なので今後はレタス以外のアブラナ科もこれで攻めたいと思います。
但し、定植にどれだけ手間がかかるか分からないので、これで良いのかは微妙

サニーレタス(F圃場:自然栽培)

サニー

昨年10/1に播種したサニーレタスです。

小さい株のまま越冬しましたが、霜が降りたり雪が積もったりで、葉が壊死してしまいました。
しかし、2月後半から新芽が生えてきて美味しそうな色になってきてます。
まだまだ、寒い日が続いているためなかなか大きくなりませんが、きっと美味しいことでしょう!!

日本ホウレン草(A圃場:EM菌炭素循環農法)11/1に播種

ホウレン

アブラナ科の葉物がとう立ち全滅の中、期待してた葉物です。
2月後半から急に大きくなり始めて、徐々に収穫ができるようになりましたが、ここでとう立ちorz

寒くて大きく成りませんでした。
来年は絶対トンネル&パオパオします。