部屋で芽出し

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

3/20 雨 [雨]気温16、8度 湿度中

ナス、トマト、ピーマンの育苗を始めました。
芽だしの段階ですが、まだまだ寒いので部屋の電子カーペットにて育苗中です。

Image029

教科書通り20~30度の温度を保っています。
うまく発芽してくれるのでしょうか?
発芽次第苗床に移植します。

今回は苗床で育苗します。
セルトレイに畑の土で育苗すると大きくならないし、ビニールハウスではなくトンネル育苗なので灌水が不便だからです。
はたしてうまくいくのでしょうか?

明日はきゅうりを播種
レタスもビニールトンネルでは発芽が難しいので、温床を試そう!!
そして、ビニールトンネルでの育苗はたいへん難しいことがわかったので、やはりビニールハウスが必要です。

ということで、来年までに廃棄ビニールハウスを探そう!!

トマト再挑戦

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

9/2  [晴れ][曇り]晴れのち曇り  気温33度 湿度中

9月ですがとても暑いです。

最近は日が短くなってきたので、夕方以降はあまり作業が出来なくなってきました。

なので昼間に作業をしたいのですが、暑くて作業どころではありません!!

この気候、一体どうなっているんでしょうか?

この先もしばらくは気温が33度の予報です。orz

アロイトマト(F圃場:自然栽培)

トマト

暑い日が続いていますが、朝晩はそこそこ涼しく感じられるようになってきました。

なので、トマトに実がついたようです。

トマトの苗はほぼ枯れてしまって残っている苗はわずかになってしまいましたので、今日新たに15本定植しました。

ちなみに苗は腋芽を育苗しました。

とりあえず今年はどんな味なのかを確かめていです。

久留米ナス(B圃場:EM菌炭素循環農法)

ナス

ようやく実がつき始めました(遅い!!)

この分だと一カ月ぐらいしか収穫できそうにありませんorz

晩生なので先に実を鋤けた真黒ナスより1カ月遅くなっています。

まあ、今年はこれもどんな味なのか確かめたいですね。

宮重大根(B圃場:EM菌炭素循環農法)

ダイコン

3日前に播種しました。

翌日が雨だったので、発芽が順調のようです。

この圃場は上に水田があるため、割と地下水が多くて灌水は不要です。

虫にやられなければ良いのですが。

11月が楽しみです。

雑草の利用

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

8/23  [晴れ]晴れ  気温35度 湿度高

猛暑が続いています!!

夕方は結構涼しいのですが、日中は照り返しで気温が体温を超えているため、作業は極めて困難な状況です。

そして、7月に植えたトマトはほぼ全滅しましたorz

トマト以外(ナス、ピーマン、オクラ、きゅうりなど)は絶好調なんですが、トマトについては完全に植える時期を間違えたようです。

トマトについては雑草が結構伸びてきているのですが、どうもそれが幸いしたのか、生き残っている株については雑草が日陰となり地温を下げているようで比較的元気な状況です。(でも2,3株ぐらいしか残っていませんorz)

元気なトマト(F圃場:自然栽培)

トマト

これは、木村先生がおっしゃっていたりんごの木と同じような状態で、夏の猛暑時には雑草をわざと生えさせて地温を下げる、まさにこのような状況で、トマトは生き残っているようです。

来年の夏はこの方法で乗り越えたいと思います。

まあ、それにしても、いまだにトマトはひとつも食べていないので、なんとかできてくれないでしょうかね!!

枯れながらも

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

8/21  [晴れ]晴れ  気温35度 湿度高

今日も35度です。

勘弁してくださいorz

去年はこんなのではなかったのになぁ~!!

気温は日陰で計った温などなので、たぶん日があたる場所では40度でしょうorz

トマト(F圃場:自然栽培)

トマト

高温のため50本苗を植えましたがほぼ全滅!!

ですがなんとか枯れながらも実がつきました。(すげ~)

ということで、トマトに関しては収量0ですが、だめもとで、腋芽を育苗して涼しくなり次第定、植して収穫したいと思います。

魁ピーマン(H圃場:自然栽培)

ピーマン

実がさかさま!!

EM菌圃場では伊勢ピーマンも試していますが、魁とくらべて枝数が多くて剪定が間にあっていません!!

それにくらべて魁ピーマン(写真)は剪定が必要ないくらい、ちょうど良い枝加減で管理しやすいです。

来年はこちらを選びたいと思います。[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]

ササニシキ(熊坂:自然栽培)

稲

出穂が始まりました。

今年大発生のカメムシはいないようです。(無肥料なので当たり前ですが)

条間が広過ぎのようですが、稲は穂数が勝負なので、もう少し様子見です!!

豊作を期待します。

毎日7種類

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

8/17  [晴れ]晴れ  気温34度 湿度高

ナスが次々に出来始めています。

真黒ナス(H圃場:自然栽培)

ナス

一番果を収穫後、次々に実が出来始めてきました。

ナスについては隣の畑のおじさんがよく無農薬で虫がつかないな~と関心されていました。[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]

まあ、虫がつくないメカニズムを完全に研究しましたので、付かなくて当然なんですが、ただ今までに慣行農法や有機農法でナスを作ったことがないので、この生長速度は早いのか遅いのか?よくわかりません。

しかしながら、今日てんぷらでいただきましたが、かなりジューシーで甘くて味があります。相当美味しいです。[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]

スーパーのすかすかなナスと比べるとだいぶ違いますね。(このナス食べるとスーパーのナスに味がないことがよくわかります)

ナスは昔からそんなに好きではなかったのですが、このナスは別物ですね!!

収穫

ということで、虫にやられずにいろいろ作れるようになりました!!

かなり自給出来ています。

ナス、ピーマン、オクラ、ゴーヤ、きゅうり、サニーレタス、サラダ菜

ちなみにトマトはほぼ全滅orz

トマトについては植えた時期を完全に間違えましたので、イージーミスでかなり悔やまれます。

このままだと悔しいので、株にできた腋芽を育苗していますので、気温が下がり始めたら定植してサルベージしてみたいと思います。

うまくいけば9月後半に収穫出来るかな?

後は米なんですが・・・・・

稲

雑草だらけで、すかすかな状態です。

どうもこれも失敗のようです。orz

間隔を広くとりすぎたせいで、雑草に光がよく当たり雑草もよく育っています。

今からリカバリー出来ないので、もうどうしようもないので、こちらは来年はリベンジしたいと思います。

今年最高気温

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

8/3  [晴れ]晴れ  気温35度 湿度高

今日はものすごく暑い一日でしたね!!

気温は日陰で計った温度なので、直射日光下での作業だと間違いなく体温を超えてますね。orz

さすがに今日はふらふらになりました。

トマトももう限界のようで、今日も株が1本やられていました。orz

トマトの原産地はアンデス近くの乾燥したさわやかな気候なので、日本の高温多湿は間違いなく弱いのでしょう!!

まあ、しかしながら残りの何本かは高温にも耐える遺伝子を持っていると思いますので、そこから自家採取すれば来年は高温下でも元気に育ってくれることだと思います。

魁ピーマン(H圃場:自然栽培)

ピーマン2

よっぽど暑いんでしょうね!!弱ってます。

ピーマン

同じ気象条件ですがこちらはめちゃめちゃ元気です。

最近施設した枯れ草マルチですが、ピーマンはこれが正解のようです。

黒マルチは×ですね!!

ということで、夕方にマルチをはがして枯れ草マルチを施設しました。

挿し芽

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

8/1  [曇り][晴れ]曇りのち晴れ  気温33度 湿度高

ここ数日間はちょっと涼しい日が続いていましたが、昨日あたりからふたたび真夏特有の湿気たっぷりのうだるような暑さになりました。

朝からまるでお風呂場の中で作業をしているようです。orz

まあ、人間が暑すぎると悲鳴を上げているのですから、野菜にとってもこの時期はかなりストレスなのではないでしょうか?

なので、作物ごとに適切な処置が必要になってきます。(ピーマンに対して枯れ草のマルチの施設など)

ということで、高温に弱く(本に書いてあります)先日からバタバタ逝ってしまったトマトの株数を数えたらなんと20本でした。orz

定植したのは50本なので、4割消えたことになります。(結構やられましたね)

但し、おおよその原因は特定できましたので、これ以上の被害は防げるでしょう!!

それにしても、あれよあれよという感じで一気に逝ったそんな感じでした。(はやいです!!)

なので、減った分は戻さなきゃということで、現在挿し芽をしています。

トマト

トマトの腋芽から苗を作っています。

今から定植して間に合うかどうかはわかりませんが、たいへん勉強になりますので、今年は間に合えばラッキーということで良いです。

トマト2

すっかり活着したようでとても元気です!![わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]

一週間後ぐらいには定植したいと思います。

雑草のように

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

7/31  [晴れ][曇り]晴れのち曇り  気温33度 湿度高

昨日は短時間ですが結構雨が降って乾燥状態の畝が結構湿ってくれて、最近播種したにんじんなんかは一気に発芽してくれていました。

作物全般に言えますが、雨上がりは雑草同様に一気に生長します。

なので、この時期は先週までの日照りではなく夕立を期待したいところです。!!(日照りだと生長が止まってしまいます。)

フダンソウ(H圃場:自然栽培)

フダンソウ

7/10に定植しました。

最近まではとても小さかったのですが、昨日の土砂降り後に急速に生長してきました。(たった一日で雑草のように恐ろしく生長します)

植えたときは苗が徒長していたので、ここまで育つとは思っていませんでした。(ラッキー)

ちなみにフダンソウは梅雨前にスジ播きを試しましたが、その時はほとんど発芽しなくて失敗しましたので、今回はセルトレイにて定植を試みたところうまくいったようです。

フダンソウ2

夏の暑い時期はアブラナ科の葉物野菜(小松菜、ミズナ、チンゲンサイなど)は期待できないため、暑さと虫に非常に強いフダンソウを作れるようにしておきたいです。

今月もう一回栽培テストする予定です。

アロイトマト(H圃場:自然栽培)

トマト

50cmぐらいになりました。

結構大きくなって花も咲き始めましたが、すでに半数くらいは暑さで逝ってしまいました。orz

トマト2

(手前の葉は枝豆)

逝った原因を探ったところ、定植時に土をあまりかけていないことが判明!!

これにより、梅雨末期の大雨によって根付近に空洞が出来て根が露出、梅雨明け後に強烈な太陽光を根が浴びてしおれてしまったようです。

なので、今日生き残った株の根に土を1cmぐらいかけました。

たぶんこれで問題は解決しそうです。

但し、半数逝きましたので苗を補充するため、腋芽を苗にしたいと思います。

土作りの理論は完成(たぶん)

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

7/26  [晴れ]晴れ  気温34度 湿度中

いや~たいへん!!ここへきて順調に育っていたトマトの苗ががバタバタしおれ始めました。

10本ぐらい逝ってますねorz

他の方の畑のトマトもしおれたものが目立っていたので、猛暑が原因なのでしょうかね?(急いで畝に草マルチを施設)

トマトは乾燥を好むとのことなので一切灌水していませんが(というか全品目していません)さすがにしおれたトマトに対しては水を与えましたがどうでしょうかね!!

自然農法ではよほどの日照りが続かない限り灌水は不要ですが、どう考えてもよほどの日照りが続いているので、ここは灌水が必要なんでしょうかね。

ただ、調子が悪いのはトマトだけでナス、きゅうり、ピーマン、オクラは問題なさそうです。

トマトは適期温が上記に比べて5度低いようですので、高温対策が必要になってきます。

自然農法といっても放任はだめで、適切な管理が必要です。

ようやく土作りにめど(理論が完成)が立ったので、これからは管理を追求していきたいと思います。(マルチ、防虫網、トンネルなど)

オクラ(F圃場:自然栽培)

オクラ

順調に花が咲いてきました。

おそらくあと3日ぐらいで収穫できそうです。

但し、残念ながらオクラは地力のない場所では虫にやられてしまったので予定量の半分になってしまいました。orz

ただ、上記のような失敗があったからこそ土作りの理論は完成しました。[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]

来年に期待!!

きゅうり(F圃場:自然栽培)

きゅうり

完全無肥料ですが面白いように育っています。

さすがは、自然栽培

収穫

普通にきゅうりですね!!

きゅうりはまだ株が全体の1/5ぐらいしか稼働していないので、これから収量は5倍に増えていくことでしょう。(もっと作ればよかったorz)

左の赤いのはジャガイモ(失敗ですが原因は判明しているので秋にリベンジ)

マルチ技術

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

7/22  [晴れ]晴れ  気温34度 湿度中

日差しが痛いです!!

さすがにこうも暑すぎると、昼間の作業はとても危険です。

今日は、関東で農作業をされていた方が、熱中症でなくなられたとのことなので、この時期は気をつけなければなりません!!

とはいっても作業自体はまだまだ追い付いていないので、(というかすぐに草がぼうぼうになります)雑草対策でマルチ技術(黒マルチやクローバー被覆など)は欠かせないようです。

トマト(F圃場:自然栽培)

トマト

トマトですが今朝急いで畦の草を刈って敷きました。

ぱっと見で3~4本はすでに”しな~っ”となってしまっていたので(たぶん裸畝への直射日光が原因)これで応急処置です。

ちなみに収穫は、8月中旬ぐらいからになりそうです。

長ナス(B圃場:EM菌炭素循環農法)

ナス

定植後2週間以上経ちました。

徐々に大きくはなってきていますが、まだまだ小さいです。(葉はきれいです)

伊勢ピーマン(B圃場:EM菌炭素循環農法)

ピーマン

こちらも定植後2週間以上経ちましたがまだまだ小さいです。

しかし、根はしっかりと生長しているようなので、強風や大雨でも倒れることはありません。(まだ支柱はいらないようです)

ということで、自然農法では、まず根から生長しますので、しばらくの間本体はそれほど生長しません。

なので地上部の本体がなかなか大きくならないので、てつい焦ってしまいますが、ここはじっと我慢です。

雑草と同じでそのうち急に大きくなるはず。(たぶん)

どうなるんでしょうかね?