TPPのうさんくささ

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

11/01  [雨][曇り]雨のち曇  気温19度 湿度低

最近話題になりつつあるTPPですが、農業問題だけではなくなぜか郵政民営化をしなくてはならないようで、これはどう考えてもアメリカに貢ぐような内容にしか思えない条約のようです。

自由貿易なのになんで郵政を民営化しなくてはならないのか全く理解できません!!

郵政民営化といえば、郵便局を減らして合理化するのが目的のようにメディアは散々伝えて洗脳してきましたが、一切伝わっていない情報として、民営化して株を市場で売却して資金を調達するのが本質で、要はアメリカのウォール街の金融ユダヤ人に株を売って株主となった金融ユダヤ人が郵貯の貯金350兆円を収奪するのが目的です。

詳しくはこちらをご参照ください

まあ、これを見ればNHKおよびメディアがいかにアメリカの利益誘導のための機関であるかがよくわかります。(日本のメディアはウォール街が電通を使って支配しています。)

そして、郵政民営化の本質が何なのか一発でわかるかと思います。

今回のTPPも一切郵政民営化について報道がないので、間違いなく郵貯の350兆円を狙っているものだと思います。

昨年のこの時期は新型インフルエンザ(弱毒性インフルエンザ)パニックを引き起こし、世界中で売れなくなったワクチンを日本が大量購入させられました。

季節性インフルエンザが毎年1万人ぐらい日本で死者が出ているにもかかわらず、新型インフルエンザはたった数十人(しかも老人や子供ばかり)しか死亡していないのにあたかも感染したらみんな死んでしまうみたいな報道だったと思います。

農業はおとりで騙されないように注意する必要がありそうです。

ラジオを聴きながら

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

10/16[晴れ][曇り]曇りのち晴れ  気温21度 湿度低

朝晩とすっかり寒くなってきました!!

この時期の昼は暑くもなく寒くもなくとちょうど良いですね。

最近はラジオを聴きながら作業しています。

ラジオはNHKとKRYの2局しか入りませんorz

ラジオを購入したきっかけは国会中継が聞きたかったからです。

そういえばこの年になるまで一回も国会の議論を聞いたことがなかったなということで聞いています。

率直な感想はひどいなぁ~!!

今回の検察の不祥事や尖閣諸島の問題についての答弁など明らかにとぼけた感じの議論をしています。

みんな真実を知っているくせにふざけるなという感じです。

まあ、世の中の真実は間違いなくこれでしょう!!

※1分53秒ぐらいからスタートです。

サツマイモ(B圃場:EM菌炭素循環農法)

いも

先月末ぐらいに一回試しぼりしましたが、改めて掘ってみました。

ちなみに、長靴の大きさは26.5cmです。

右側が紅あずま、左側が鳴門金時

比べると紅あずまがよく育っています。

我が畑は紅あずまがあっているということでしょう!!

それにしても立派!!

ネギ

ねぎ

今日、定植しました。

8月に播種してゆっくり生長、日当たりのよくない場所に置いておきましたが良く育ちました。

しかも手がかかりません!!

ネギはまだ作っていませんでしたのでどうなるのか楽しみです。

黒田五寸にんじん

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

7/9  曇り  [曇り]気温30度 湿度高

それにしても暑いですね!!

今日は黒田五寸にんじんを播種しました。

まあ、今はとにかく経験値をつむことが大事なので、前回の反省を修正しつつ収量アップをめざします。

——–選挙—————–

明日は選挙なので、ポイントをお伝えします。

みんな野党=自民党清和会

テレビ新聞ではみんな野党に世論を誘導していますが、ネット上ではすでに第二自民党清和会であることがばれてしまっています。

こちら

森元総理大臣と資金管理団体が同じ

なぜ、こんな重大なことをテレビメデイアが取り上げないのか?不思議ですね!!(裏でつながっているからでしょう)

みんな野党の公約は郵政民営化賛成なので、民主党と連立させて郵政民営化反対法案を参議院議員で成立させないことが目的のようです。(ちなみに管総理はアメリカの犬のようです)

もし、選挙でみんな野党が躍進すれば与党となり郵貯の350兆円はアメリカへいくことになります。(外資が郵貯株主になり運用先をアメリカの国債に変更)

日本のメデイアはアメリカが支配していますので、アメリカの国益になることしか報道しません!!(そのかわりキックバックがかなりあるんでしょう!!決算は赤字だし)

ちなみに、ツイッターの調査では

民主党 37% 国民新党 18% 社民党 10%
自民党  9% 共産党  4% みんなの党 2%
公明党  1% 日本創新党 1% たちあがれ 1%
まだ決めていない 15%

国民新党大善戦で、「民みん連立」による裏社会復権謀略を殲滅しよう!

明日は選挙です。

いまだにクーデター中

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

6/2 晴れ   [晴れ]気温26度 湿度高

まさか、鳩山さんが総理を辞任するとは思ってもいませんでした!!

テレビ、新聞しか見ない人にとっては”当たり前じゃん”といった展開なのかもしれませんが、ネットで真相を知っている人間にとっては、まさかマスゴミのチンピラともいえる言いがかりに屈してしまうとは思ってもみない展開でした。

鳩山さんは平成の脱税王といわれていますが、ちゃんと追徴課税を払っているので脱税ではないのですけどね。

そして、小澤さんも検察は結局不起訴なのにいまだに4億円がどうのこうのと書きまくり国民を洗脳!!(小泉郵政選挙の時と全く同じです)

メデイアはこの先、真相を知ってくる人間が増てきたらどうするんでしょうかね?

新聞なんかは不買が起きて間違いなく潰れてしまうことでしょう!!

それよりも、地盤看板を受け継いだ自民党の2世3世のボンクラ議員たちなんかはどう考えても税金払っていない気がするので、こっちこそ脱税だと思うのですが!!

まあ、参議院選挙が近いのでこのままでは危ないとの判断があったようで、麻生さんのようにずっと辞めないで惨敗してしまうことは避けたようですね。

時々書いていますが、東アジア共同体構想など、何とかアメリカの属国から抜け出そうとした鳩山政権をアメリカ帝国が日本のメデイア(電通を通じてアメリカが支配しています。)、検察、官僚を動かしてつぶした結果だと思います。

アメリカは毎年巨額の赤字を計上(累積で約6000兆円赤字とのこと)

一方で日本は世界屈指の巨額な貿易黒字の国

なんで、本来裕福なはずの日本が自殺者多数で疲弊した貧しい国になっているのか?

それは、永遠米国債を買わされる事によって儲けたお金が全てアメリカにもどっているからで、今回それを止めようとした鳩山政権をアメリカが許さなかったということでしょう。(ネットで真相を知っている人はこのように思っています。)

小泉政権の時には、貿易黒字5兆円を稼ぐために円安誘導を行い100兆円使ってドルを買っています。

まあ、反米民主党をつぶそうとして執拗に鳩山さんを攻撃し、その結果辞任しましたが、参議院選挙直前のこの時期に次の総理大臣が決まれば、直後は必ず支持率は上るので、民主党は参議院で過半数を維持するのではないでしょうか?

ともかく、ねじれ現象だけは勘弁です!!

騙された日本

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

小泉政権の総括を一切メデイアは行いませんが、ネットでは行われています。

http://blog.livedoor.jp/toyonakasimin/archives/51598349.html

これを見ればはっきりわかりますね!!

あと、小泉さんは郵政の民営化を頻繁に唱えてさも言い出しっぺのようでしたが、何のことはない!!対日年次改革要望書に郵政の民営化をしろと書いてあったのでそれを実行しただけです。

結果は1000億円の簡保の宿をオリックスに105億円で売却、さらに郵貯銀行の株式上場させ、ウォール街の連中が株主になることで、郵貯資金350兆円でアメリカの国債を買う(アメリカに奪われる!!)

郵貯銀行については寸前で政権交代して阻止

まあ、一番ひどいのは、上記のブログに書いてありますが、日本のお金で日本の会社を買われてしまったことです。(こんなバカな話はないでしょう!!)

これによって、企業は黒字を常に計上するためにリストラをするようになり、結果は失業者の増大!!給料の削減!!貧困層の増大!!どう考えても経済は良くなるわけはありません。

しかしながら、民主党政権に代わり今までの悪政の逆を始めていますので、徐々に良くなっていくことでしょう!!

スタグフレーションか?

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

(引用開始)

いよいよデフレ 化のインフレ=スタグフレーションが本格化してくる。

鉄鉱石価格2倍に…車・家電、値上がりも

日本の鉄鋼大手各社とブラジルの鉄鉱石最大手バーレとの間で行われていた鉄 鉱石の輸入価格を巡る交渉が、2009年度の約2倍の1トンあたり110ドル前後で3月末にも決着する見通しとなった。 過去最高だった08年度の77ドルを大幅に上回るのは確実で、4月から適用される。 (以下省略)

(引用終了)

ということで、昨日イーグルヒットさんのブログ記事で上記のような記事がありました。

現在の世の中は間違いなく世界大恐慌の真っただ中でありますが、このように物の値段は近い将来に値上がりしていくスタグフレーションに突入していくことになりそうです。

これは、デフレ+インフレで、給料はどんどん下がり続ける一方なのに物価はどんどん上がっていくことです。(まんじゅう一個1000円など)orz

なぜこうなるかというと、アメリカのサブプライムローン破たんによって生じた金融業界(主にロックフェラーの会社)の借金をアメリカが政府が政府救済の元、(子分のオバマに命令して)肩代わりするために何百兆円ぶんものドル紙幣を輪転機ですり散らかしたためにマネー供給が増えてしまって、それが回りまわって商品先物市場に流れ込んでいるためで、(簡単にいうと世界のお金持ちたちが商品を買い占めている)これによって需要がないにもかかわらず、値段が上がってしまう迷惑な現象です。

当然食糧も値上がりしてしまいますので、ついこないだまでのような小麦が値上がりしてカップラーメンが値上がりしたようなことが発生して、今後はひどくなっていくようです。

さらに、中国やインドの経済発展が続けば当然食糧消費も増えますので、日本への食糧輸入品はさらに高騰して、食糧事情は悲惨なことになっていくことでしょう!!

日本の経済はますます疲弊していき、企業倒産も次々に起きていく(世界大恐慌なので当然ですが)ことになるのではないのでしょうか?

こうなると、食糧自給率だけでも高い水準を保っていることが重要なのですが、日本の農家の平均年齢は10年前が60歳ぐらいだったので、今は70歳ぐらい(なぜメディアは言わないのでしょうか?)10年後は80歳なので、どう考えても絶望的な状況になってしまいます。

まあ、逆に考えると、今後はますます参入しやすくなり、競争相手が次々リタイアしていくわけですから、農業ほど有望な産業はありません!!

ただし、現在の慣行農法に見られる設肥農薬散布などを行うスタイルでは、原料が石油なので、スタグフレーション時は生産コストが非常に高くなるため、恩恵は得られないことになります。

ということで、俄然注目を浴びてくるのが無肥料無農薬栽培の自然農法になります。

いや~何とか間に合いましたね!![わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]

卑劣なクーデターは阻止しましょう

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

たまたま知り合った元クボタの営業マンの方といろいろお話しました。

前から疑問に思っていた現役の農家さんのトラクターはなぜ新しいのが多いのですか?と質問をしてみました。

答えは営業がうまく買わせているということで、なんでも近所の農家さん同士を競わせるようにして4、5年おきに新しい何百万もするトラクターを買わせているとのことでした。

さらに、その元営業の人はとくに兼業農家を狙って買わせているとのことでした。
これは確実に収入源があって支払い能力があるからです。逆に専業農家の方は常に赤字で貸倒寸前の方が多いため、あまりトラクターは売らないとのお話しでした。
さらにメンテナンスの依頼があっても赤字だらけの人のところにはサービスマンは行かさないとのことでした。

兼業農家にしてみれば、専業では生活が苦しいので兼業をしたのはいいのですが、隣近所の見栄張り合戦でトラクターはつねに最新のものを買わされるため、まるで寄生虫のように吸い取られている感じです。

こんなとこからも農家の疲弊の主たる原因は前々から思っていましたが、野菜の単価が低いというよりも、必要ない効果なものを買いすぎて結果赤字になってしまっているように思えます。

結局儲かってきたのは、大企業の機械メーカーで、その一方で日本の農家はすっかり疲弊してしまい離農者が相次ぐということになっています。

自民党、農林官僚、メーカー、これらが寄ってたかってくだらない農政を敷いて農家の身ぐるみをはがしそして利権を分け合ってきたことなのでしょう!!

しかし今後は農業人口の減少に伴ってますます需要が減っていくことから、確実にメーカーは衰退していくことになり、僕のように30年前のトラクターで良いと考えている就農者が増えれば、農機具メーカーが今度は疲弊することになります。

まあ、一番大事な食糧を生産する農家が疲弊するのはおかしな話で、日本以外の先進国では政府が農産物に補助を出して高い自給率を維持しています。

今までの日本の農家は食い物にされてきました。

これから民主党も本格的に戸別補償を行うようになりますので、他の先進国同様に手厚く保護政策が行われるようになることを期待します。

しかし現在はその民主党を倒すような卑劣なクーデターが続いていますが、それだけは絶対に阻止して行かなくてはなりません。

なお、現在日本で起きていることについては植草先生のサイトが一番わかりやすく説明されています。

鈴木宗男先生の日記も素晴らしいですね。