TPPの詳細(山田前農林大臣のインタビュー)

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

2/10 曇り [曇り]気温8、0度 湿度中

農閑期で時間があるので、いろいろ情報収集していますが、TPPに関しては急いで情報拡散が必要なようです。

山田前農林大臣のインタビュー

このインタビュー内容を見るとTPPについての詳細がはっきりわかります。(かなりひどい)

要点は以下です。

  1. 政府はアメリカとかなり深い部分まで交渉が進行しているが、民主党議員に一切報告がない。
    執行部が独断で協議中 ⇒ 前原、仙石などの売国衆が協議(というかアメリカから一方的な命令なんだと思う)
  2. 協議内容は24部会(農業だけではない)にわたる(医療、保険、金融、弁護士など)
  3. 公共工事の発注は日本語だけではなく英語でも行わなくてはならず、地元の業者が発注することが出来なくなる
  4. 弁護士は全てアメリカのルール(きっと日本の企業からいっぱい金を巻き上げることでしょう)
  5. 国民保険が廃止になり全て民間の保険になる。(アフラックなど)⇒お金のない人は保険に入れなくなる(保険に入らないと盲腸の手術が200万円とか)
  6. 日本以外の国の農業政策は実は農家への直接補償がかなり充実している。
    アメリカでさえ手厚く補償している。⇒日本の農家が甘えているというのは嘘
    スイスの場合、耕作しづらい高地の農地を耕す農家は、価格競争出来ないが環境保全のため300万円ぐらい直接補償している。
    直接補償のない日本の棚田(作りづらい)が荒廃するのはあたりまえ⇒価格競争しづらいため
  7. 人、物の移動が自由になるため、人件費の安い国の労働者がわんさかやってくる(若者はさらに失業)
  8. 日本の輸出産業はすでにほとんどが海外生産しているので、輸出が伸びることは絶対あり得ない(アメリカは通貨安政策しているので、逆にアメリカからの輸入が増える)
  9. アメリカのBSE猛毒牛肉を強制輸入
  10. などなど

まあ、間違いなく国がぶっ壊れますね。

日本には何にもメリットはなく、どう考えても日本の植民地化。

まるで江戸時代末期の不平等条約のようなもの(岩上氏)

マスコミが一切詳細を報道しないので、国民が知らない間に(というか農業だけ没落して、輸出産業ほかが伸びて生長できると喧伝)売国が進んでいるとしか思えません!!

ということで、ここまでひどいとは思いませんでした。(単に郵貯の金を貢ぐだけではなかったみたい) 6月に決定するとか(なんなのこれ?)

TPP問題はアメリカの失業対策

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

2/8 晴れのち雨 [晴れ][雨]気温10、0度 湿度中

農家の方でTPP問題について深く追求している人はまずいないと思いますので、ちょこちょこ調べて研究しています。(といっても岩上さんのustを見るだけですが)

かなり、その全容がわかってきたようです。

こちらを参照 (4分ごろから)

TPPというのは、新聞報道だけ読むと、あたかもいろいろな国々が入って自由貿易を行うように捕らえられてしまいますが、実は参加加盟国は7カ国、そのうち経済規模の大きな国は日本とアメリカだけで、つまりは、ほぼ日本対アメリカの貿易であるということです。

そして、前から指摘していますが、農業問題については単なるカムフラージュであって、そのほかに24の分野、医療、保険、金融、司法などを対象としており、しかもオール不平等です。

司法に至ってはアメリカの弁護士が日本にやってきて日米間の問題はアメリカのルールで弁護することになるため、アメリカの弁護士に頼まなければ裁判では勝てなくなるので、日本の弁護士は仕事がなくなる。

といったようなことを弁護士(日弁連)は知らなかったようで、他にもいろいろ知らないところで売国協議が行われているようです。

考えてみれば、アメリカ経済は早急にデフォルトになりそうなので、もしそうなった場合、アメリカの上層部の人たち(弁護士)は当然失業となるため、日本にやってきて日本人を押しのけて活動するといった感じなのではないのでしょうか?

他にも、医療、金融(アメリカの上層部)も流れてくる。

新型インフルエンザが流行ったときに、世界中でさばけなくなったワクチンを日本が在庫を抱えるほど輸入して、その後ピタッと終息した経緯があります。

これは、間違いなく日本に使う必要のないアメリカで売れなくなってしまったワクチンを大量に売りつけるための騒ぎだったことがわかります。こちらを参照

これのさらにひどい版がTPPだと思えばよいのでしょう!!

まあ、アメリカデフォルト後の失業者対策かな?

今年はリッター200円

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

2/6 晴れ [晴れ]気温12、0度 湿度低

黄砂(もしくは火山灰)でかすむ日々ですが、日中はそこそこ暖かく作業がしやすいです。

乾燥も進んでいますので、作物は新芽がでて徐々に復活しています。

まあ、今年はどうやら石油の値段が跳ね上がりそうな感じですので、極力トラクターなどの動力を使わない方法も模索しなければなりません!!

ガソリンがリッター200円とかになるのではないでしょうか?orz

当然、肥料代や農薬代も上がるので、今年の野菜は高騰、間違いない!!

いよいよ、スタグフレーションの到来(すでに穀物価格は上がっています。)

この上増税

国民生活は一気に疲弊するので、そこで戦争なんでしょう。

中東の革命騒ぎが原因なんですが、次々に反米政権が出来そうな勢いですけど、どうせいつものやらせで、本当の目的はここで大戦争を起こすのが目的なのでは?

サブプライムローン破たん以降のアメリカの負債は4京円というもはや絶対に返済できない規模になっているので、もはや戦争でごまかすしかありません。

さらに言えば、どさくさにまぎれて高高度で核爆発をおこし(これは北朝鮮がやる予定:権力の犬の自民党の濃毛さんがなぜか唐突に答弁)、発生した電磁パルスによって世界中の電子機器を破壊して、債務データを帳消しする可能性がある。(つい最近の有価証券の電子化なんておかしいもん)

そんな感じで進んでいるのではないでしょうか?

前原首相のもとで日中戦争に突入するなど・・・

どんな結末を考えているかはわかりませんが、田舎で自給できていれば少しは楽に暮せそうです。

まき

圃場周辺の邪魔な木を切り、解体しましたが全部手作業です。

チェーンソーでもあれば楽なのですが、燃料高騰に備えて、極力動力源は使わないようにしたいと思います。

今年の目標はエコです。(エコやまぐちに認定してください)

TPPの正体

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

2/2 晴れ時々雨 [晴れ][雨]気温10、0度 湿度中

TPPに関しては、新聞を読んだところで一切本当の姿が見えてきませんが、農業だけの問題ではやはりないようです。

詳しくはこちら

今日の朝に行われた「TPPを慎重に考える会」の勉強会の動画です。

まあ、これらの動画を見てTPP万歳という人間はバカとしか言いようがないのですが、本来はマニフェストで掲げてから選挙を行って国民が判断しなければならないような問題なのですが、時間がたてばたつほどTPPが対米隷属であることがばれてしまうため、菅、仙石、枝野、前原、岡田、が民主党を汚い手で権力を掌握して強行に推進しているのが現状です。

これほどまでに、売国がばればれなのに強行に推進しなければならない理由は何なのかを考えると、アメリカの財政が破たん寸前なことから、そのためのファイナンスのために、郵政を民営化して郵貯の資金を略奪するのが目的なようにしか思えません!!

S&Pが日本の国債を格下げしましたが、円安になるどころか、逆に円高になっています。

もはや、格付け会社がドル買いの環境を作ったところで、だれもドルを買わなくなったのが現状です。

こうなると、ドル需要を増やすために原油の価格を釣り上げて決済通貨のドルの需要を増やすしかないようなので、中東で混乱を引き起こして石油の値段を釣り上げに入っているのではないのでしょうか。(チュニジア、エジプト等の革命騒ぎ)

なので、今年の農作業は如何にして燃料を使わないかがコストを抑えるために重要となりそうです。

まあ、これにリンクして穀物の先物価格も上がっていますので、今年の夏は天候にかかわらず野菜の値段は高騰しそうです。

しかも、昨年同様な猛暑であればとんでもないことになりそう!!

とにかく、新聞を読んだところで何もわかりません!!

たとえば、国民新党の記者会見での亀井さんの発言が一切載りません

結構面白い動画です。

真実を隠すのがマスコミの仕事で国民みんなのアイマスクということでしょう。

岩上さんのサイトが毎日いろいろな取材した動画を公開していますので、新聞ではわからないことがよくわかります。

小沢さんのインタビューは必見

記者クラブ問題

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

1/29 曇り時々雪 [雪] [曇り]気温5、0度 湿度中

日本では昨年から記者クラブ問題が勃発しています。

世界の先進国の中で、記者クラブ問題というのが日本だけあるそうです。(他はジンバブエとか)

一体これが何なのかは、当事者である大手マスコミが一切伝えないので、これまでよくわかっていませんでした。

説明するまでもなく岩上/上杉対談を観れば一発でわかります。(但しかなり長くだらだら進みますがかなり面白いです。)

上記を観た上で最近行われた小沢さんの会見を観るとこれがどのような意味を持っているかがよくわかります。

さらに、上記を理解したうえで、朝日新聞の記事を見ると如何に腐った汚い記事になっているかがよく理解できます。

ちょっと長くなりますが、これで大手マスゴミのゆがんだ報道の実態を理解できるかと思います。

※最近は良くhttp://iwakamiyasumi.com/でインタビューを観ています。

今日はこれから環保研望年会に参加します。(ツイッターしようかな)

農業だけやってもだめ

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

1/23 晴れ [晴れ]気温8、-1度 湿度低

いや~、それにしても菅政権は対米隷属一直線ですね~orz

このまま菅政権が続くと、日本のまじめに働いてためた貿易黒字や日本の富は全て宗主国アメリカに取られてしまうことでしょうか?

金子勝先生のツイートを引用開始

小泉「構造改革」路線のまま郵貯銀行がサブプライム毒入り証券を買っていたら大変でした。当時は米国の対日改革要望書は隠されていたが、菅政権は正面突破 です。米国経済は金融危機でボロボロですから。食糧供給を握れれば、基地もあるし日本の属国化が完成。国民が情報を知って選択するならまだしも。

引用終了

何のことかわからない方は、虚偽誘導報道を繰り返す大手メディアを見るよりも岩上インターネット動画にある森ゆう子参議院議員のインタビューを見ると良くわかります。

もはや、菅政権は対米隷属独裁政権化している様子がはっきりわかります。(はっきり言ってむちゃくちゃ)

1/12インタビュー

1/13党大会後のインタビューNo1

1/13党大会後のインタビューNo2

1/21岡田幹事長への質問内容

1/21岡田幹事長の回答

かなり長い映像ですが、ぜひ見てください。

森議員も1/12インタビューの一番最後にはっきり言ってますね、管政権は対米隷属政権だと

農業だけ一直線に行っても、日本経済が没落しては意味がありません!!

あからさまに意図的に破滅の道へまい進する対米隷属一直線の菅政権&前原グループを止める方法は、情報を拡散することです!!

もはや、戦時中の大本営発表による国民総玉砕のような状況に進んでいるのだと思います。(戦時中もこんな状況だったんでしょうか?)

TPPは農業の問題ではない

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

1/17 晴れ [晴れ]気温6、-1度 湿度低

TPPについて、これに参加すると、農業が壊滅的にやられるのでは?とびくびくされている農家の方が多いのかと思います。

ご安心ください!!

農業はあくまでカムフラージュであって、実際は郵貯の350兆円をアメリカに献上するのが目的です。(でも農業もやられるかなorz)

日本は戦後ずっとアメリカの属国であって(副島先生を参照)宗主国が博打(デリバティブズ)で大借金を抱えてしまったため、その穴埋めに手下の管直人を首相に据えて強引に奪い取ろうとしているところなのです。(もはやばればれ)

そして、郵貯の資金を奪われると日本はデフォルト?

なので、長い目で見ると、お金のない日本は食料の輸入ができなくなるので、そこで日本の農産物は黙ってても大暴騰です。(ぜんぜんうれしくないけど)

下記の動画をご参照ください!!

ということで、TPPは実質日本とアメリカだけの自由貿易(属国貿易)

小泉竹中ラインで郵政民営化して郵貯の資産を献上する予定だったところを小沢、鳩山ラインで阻止

しかし、アメリカの手下の管仙石がクーデターで民主党をのっとり、小沢さんを粛清(検察やメディアを使って)

民主党は本来は郵政を国有化が公約だったため、TPPを導入することで郵政を民営化(資産を収奪)しようとたくらんでいるものと推察できます。(他にもいっぱいひどい目に遭います)

投信で儲かった人に会ったことがない

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

12/17  雪のち雨  [雪][雨] 気温7度 湿度高

最近は青色申告のために経理ばかりしています。(雪で作業が困難だし、収穫だけであまりすることもない)

で、今年の経費(携帯などの引き落とし分)を確認すべくUFJ銀行のネットバンキングで取引記録を確認したところ、以前は1年分ぐらいみれていたのが、一か月分しか見ることが出来なくされていました。

なんでも、契約変更して金利を0にしなければ見せないとのことだったので、どうぜ金利なんてほとんどないし、記録が確認できなければ先に進まないので仕方なくネットで契約変更に同意したところ、来月の下旬から見れますとのことorz

結局、今すぐ見ることができませんでした。(ふざけるな)

仕方がないので、50km離れた支店まで通帳に記帳しに行ったところ、9月以前の情報はすべてまとめて記帳となってしまってこれまた詳細がわからず。

最終的には窓口で行員に取引記録を後日郵送になりました。(ちなみに今日2往復しましたが詳細は省略)

ということで、今後のことを考えるといちいち50km離れた支店へ行くのは面倒なので、メインバンクは近くの銀行にしておく必要があるということです。

(東京ではUFJ銀行はいたるところに支店があったので、東京では便利でした。)

となるとメインは郵貯かな?

郵貯だと全国どこにでもあるので、よく考えたらとても利便性が高いです。

引っ越ししても居住先に絶対存在するので、こんな素晴らしい銀行は世界的に珍しいのではないでしょうか?

と、ちょっと感心しましたが、なにせ郵貯改革法案はとん挫中なので、まだまだ郵貯銀行は安心できません。

今の状況は小泉の売国政策のおかげで、預けた貯金は禿げたか外資に吸い取られてしまうことが決定しているので・・・(どうなるんだろう)

(詳しくは植草先生の日本の独立を参照)

まあ、しかしUFJ銀行は金利を0にしろとかやっていることはよっぽどひどいし、株主構成を考えると、すでにここは外資に乗っ取られているようなものなので、郵貯のほうがちょっとはましですね。

近年の不景気は銀行が企業へ金を融資しなくなったことが大きな原因で、しかもあろうことか貸しはがしをしているし、さらには手っ取り早く手数料収入を稼ぐためにいかがわしい投信(特にすぐに紙くずになるようなものが多い)を売って儲けています。(副島先生の本がわかりやすい)

※地元の山口銀行はとんでもないデリバティブズを売っています。(他人を蹴落として自分さえ儲かれば良いといった感じでしょう)

結局、投信を買って儲かった人はほとんど見たことがないので、こんなのはどう考えてもサギです。

ちなみに3年ぐらい前投信が値上がりしていた時、NHKが特集で、”老後は投信で運用”などとまるで銀行の手先となって放送していましたので大問題(当時購入した人は大損したはず)

ということで、銀行が当たり前の銀行業をしなくなったのが大問題なので、こういう銀行はないほうがましです。

融資しないのであれば郵貯だけで充分。

投信は上がろうが下がろうが銀行が儲かるシステムなので、買わないほうがよいでしょう。

どうせ投資をするのであれば、種子を買って畑に播けば300円が30000円と100倍ぐらいになるので、農業こそ最も効率の良い投資先であることは言うまでもありません。

玉ねぎ(D圃場:EM菌炭素循環農法)

玉ねぎ

ピンと立ってきたのでようやく活着か?

来年再来年は経済どん底

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

12/14  [雨][曇り]雨のち曇り  気温15度 湿度高

大雨後のぬかるんだ圃場では何も作業ができそうもないので、今日は最近でたばかりの副島隆彦先生の本(日米地獄へ道連れ経済)を読みました。

来年再来年と世界経済はどん底に向かっていくようです。orz

副島先生は2008年のリーマンショック以降のドル暴落を言い当てている(というか緻密な分析による)方なので、間違いなく当たると思います。

本は非常に読みやすくてスラ~と読めますので、本当の世界を勉強しておくことが、今後の経済危機への備えとなってくるのかと思います。

シュワチャンが新幹線を導入する目的で日本へ来た理由が実はカルフォルニアの財政危機の穴埋めで、国交省の大臣だった前原がほいほいと道路財源から1兆円を差し出したという話(そういえばカルフォルニアはもうすぐ破たんするとの話であったが急にその話がなくなったのはそのためとのこと)

銀行の勧めで無理やり投信などを買った人は一読することをお勧めします。(特に投資信託が何なのかわかっていない方!!)

和歌山大根(D圃場:EM菌炭素循環農法)

大ちゃん

昨年、家の採石場のような庭のとにかく硬い土で元気に育った大根の大ちゃんの子孫です。

さすがに元気な親を自家採取しただけあって良く育っています。

固定種を使用する意味はここにあるので、頑張ってこの大根も自家採取したいと思います。

間引き菜

今日間引き菜をいためて食しましたが、味がまろやか!!(これ大根か?エグミなし)

ということで、寒い日が続きなかなか大きくならないので、そろそろビニールかけようと思います。(前回のとう立ちは2月中旬なのでそれまでに大きくしなければ)

ビニールトンネルの効果

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

11/23  [曇り]曇  気温15度 湿度中

昨日報告しましたが今日大根にビニールのトンネルをかぶせました。

だいこん

昨年ビニールの実験を大根(大ちゃん)で行いましたので、どのような生長をするかはだいたいわかっていますが、改めての確認です。

今回は畝半分だけかぶせましたので、これでトンネルの効果を確認したいと思います。

白菜(E圃場:自然農法)

畑

完全に窒素飢餓状態!!

転換間もない圃場なので、寒くなってからは微生物の活動がどうも不活発なようです。(窒素供給があまり行われなくなった)

白菜

外葉の養分を使って必死に結球しようとしているみたいです。

このままだと収穫すらできなくなりますので、微生物を刺激するために水でかなり薄めた糖蜜を播きました。(うまくいくかは不明、比較のため半分ほど播きました)

自然農の技ですが米ぬかをうっすら播くのも良いようです。

自然農法では微生物の活動によって窒素を作物に供給しますので、今回播いた糖蜜はあくまで微生物に対して餌を与えたに過ぎず肥料ではありませんので間違わないようにしましょう!!

数日経たないとわかりませんが、微生物が働き始めればすぐに結球してくると思います。

本来地力があれば必要ない処置ですが、今回はこのままだと収穫0になってしまうので、収穫出来ないよりはましなのでこれで様子をみたいと思います。

どうなるんでしょうかね?

—————————北朝鮮と韓国———————————————–

わかる人にはわかるんですが北朝鮮と韓国がアメリカの指示で紛争を起こしたようで、2012年に向けて何かが始まったようです。

サブプライムローン危機によってアメリカは天文学的数字ほどの負債が発生しましたので、これをうやむやにしたいはずです。

おそらく北朝鮮が核ミサイルを発射して日本がMD配備したミサイルで大気圏外で破壊し、その際に発生する電磁波パルスで地上の電子機器を全て故障させ、電子データが全て消えてしまい借金がいくらあるかをうやむやにするのだと思います。 参考動画

もしくは、北朝鮮が単に核ミサイルを高高度で爆発させるだけ?