農業研修28日目

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

11/12 晴れ[晴れ] 昨日、一昨日の嵐から一転、今日はものすごい晴天でした。
本日も熊坂にて研修です。

大判焼.jpg

関係ないけど、よく食べる近所の大判焼き屋さんです。
農作業の前は必ず食べています。

ちなみにおじさん曰く:中のあんこは自作したいけど、保健所の指導でちゃんとした施設で製造しないといけないとのことで、残念ながら市販のあんこを使用されているとのお話でした。(でもおいしいです。[わーい(嬉しい顔)]

ダイコン.jpg

先週自宅の庭に植えたダイコンが発芽しました。[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]
他にもカブ、ホウレンソウ、キャベツも発芽しています。

キャベツ.jpg

(熊坂)2か月前に定植したキャベツが結球寸前の状態になりました。
頑張って土寄せしたかいがありました。
いや~面白いですね。

本日の作業

  1. 畝のかたずけ 3.5時間

    ナス畑.jpg

    前回の続きです。
    役目の終えたナスとピーマンを引っこ抜きます。
    畝50本ぐらい4畝処理しました。
    かなりの力が必要です。おそらく女性だと厳しい感じです。

    ※抜くにもコツがあり、正しい姿勢で抜かないと腕腰に来てしまいます。


    ピーマン.jpg

    この畝には次に小松菜を植えます。(苗は準備万端です)

  2. 畝の補修および害虫駆除・・・・1時間

    (桜畠に移動)
    昨日の嵐によってはがれたマルチの修復を行いました。
    かぜで飛ばないようにマルチの中央部分に3m間隔で土を載せます。

    桜畠.jpg

  3. ヨトウ虫駆除

    定植したばかりの苗が何本かヨトウ虫に食べられてしまったので、駆除します。
    方法は、食べられた苗の場所をほじくり返すとたいてい居ますので、発見してつぶしていきます。[猫]
    これ以外は有機農法では方法はないそうです。(ぷちっ [わーい(嬉しい顔)]
    駆除した場所に再度苗を定植します。

  4. 包装作業
    1. ネギの加工
      収穫済みのネギを見映え良くするために、要らない葉をはいでいきます。
      赤い斑点がおおい部分は葉を途中からカットします。(見た目気にならない程度にする)
    2. 大根

一日を振り返って

  1. ナスなどを引き抜く作業は膝のみを使って抜くようにするとあまり疲れません
    (引っ張るというよりは腕腰を固定して足を踏ん張った状態から伸ばす感じ)
    師匠曰く : 農作業は土木の作業と同じで正しい姿勢を知らないと長時間労働は無理[猫]
  2. ヨトウ虫の駆除はとにかく見つけてつぶしておかないと次々に隣の苗を食べていきます。
    他に草がないためです。
    ということは、雑草まみれの畝にマルチをかぶせればヨトウ虫被害は無くなるのかな?
  3. 有機農法のナス畑の整備は実際たいへんです。
    ちなみに自然農であれば、ナスの根付近の幹を切断して終りです。
    根っこはそのままにするのが自然農のセオリーです。

トラクターほしい

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

最近、一斉に田んぼをトラクターで耕耘している姿が良く目につきます。
慣行の田んぼだとこの時期に一度土を掘り返すようです。
自然農法では麦を植えて輸作を行いますので一切耕しません。

それにしてもバイクで静かな農村を走りましたが、いやー農家のみなさん立派なトラクター(400万以上)をお持ちでした。
そんなに収入あるのかなと思いましたが、びっくりですね。

ちなみにクボタのホームページの動画を見ると、無理してでもトラクターを買いたくなってしまいます。[わーい(嬉しい顔)]
それだけではなく他の定植機やコンバインなどもほしくなります。
今の有機農業研修に比べるとなんて楽なんだろうと思ってしまいます。

しかしそこが落とし穴で全部新品でそろえると1000万円はかかり、さらに慣行を行うと1000万円では済まなくなります。
当然、大量にさばける機械を大金で買うのだから、耕作面積を増やさなければなりません。
なので、資材コスト(農薬、除草剤含む)は広い分半端ではなくなります。
しかも機械化で作業が短くなりますがその分面積が広くなりますので、結局時間はかかってしまいます。

機械要らずの不耕機自然農法とくらべ労働時間、利益とあまり変わらない気がします。

福岡先生の本を読むと稲刈り後に田んぼを耕すことが無駄な行為でさらに田植え前の整備も不要で、まるでトラクターを買ってわざわざ無駄なことをさせられているのだと書いてあります。

先生の自然農法は一見何も考えていないように見えますが先生の著書、無Ⅲを読むと自然農法と慣行のコストと収益を論理的に言われていて、とても農家とは思えない内容です。

結論は、収量は福岡先生式の農法が収量は上
ちなみに福岡先生式の自然農法は他の自然農法とは概念そのものが違います。

田植えは稲籾を入れた土団子を播くだけで、以後の除草作業も水の出し入れだけでOKと、手間がほとんどかかりません。行う作業は手で稲を刈るぐらいです。
そして収量は驚くことに1反当たり軽く10俵を超えるそうです。[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]
(慣行は10俵が上限)

これはちょっと研究してみる価値があるなと思っています。
この技術をものにできれば、稲刈り以外の作業はほとんどいらなく、その間野菜作りに専念することができます。
しかも資材コストは0です。

ただし、僕がやろうとするハイブリッド式では、自然栽培も行うため、トラクターが必要になります。
400万円の冷暖房付きのトラクターではなく、40年前の10万円の中古を買うしかないでしょうね orz

農業研修27日目

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

11/09 雨のち晴れ [雨][晴れ]
熊坂の畑にて研修です。
最近の寒さから一転、今日は結構蒸し暑い陽気でした。

本日の内容

  1. 里芋収穫 ・・・・・・・2時間

    里芋.jpg

    コンテナ3個分の収穫です。
    スコップで掘り起こしていきます。

    里芋2.jpg

    かなり雑草が生い茂っていますので、埋もれた芋の葉を探すのに若干苦労します。

    この草の生え方は自然農と同じです。
    肥料を入れるか入れないかの違いしかありません。
    (雑草の循環をうまく利用すれば肥料は必要ありません)

    種イモを植えてからは、全く手入れしていませんので、ほとんど手のかからない作物です。

  2. ナス畑の整理

    ナス.jpg

    もはやナスは収穫できないとのことなので、一本一本抜いていきます。
    (重量挙げみたいで結構力が必要です。)

    抜いた後は菜っ葉を植えるそうです。

  3. 定植作業 ・・・・・・・・1時間

    桜畑の畑へ移動(5分)

    1. ネギ ・・・・・・・・・・・・・1/6畝
    2. サニーレタス・・・・・・・・2畝
      新しく張ったばかりのマルチへ穴をあけて定植します。
      穴はマルチを止めるピン(プラスチックの針)であけます。

一日を振り返って

  1. 里芋の掘り返しは雨が降った後で結構簡単だったため、調子に乗って
    ザクザク掘り返したところ思ったより体にきつい作業で、疲れてしまいました。
    このての作業はゆっくり行うほうが楽です。
  2. 衝撃的な言葉が師匠よりありました。
    菜っ葉を一畝植えて全て収穫すると4万円だそうです。[猫]
    1反=10畝 なので1サイクルあたり40万円の利益です。
    2サイクル(年2回畑を利用)の場合80万円です。

    前に計算したハイブリッド自然農法のシュミレーション値84万とほぼ同値です。
    (自然農法の作物は有機よりも高く売れるので1反当たり100万円いけるかな)
    いかに手順を減らし、作付けを増やすかで収入を増やすことができます。

  3. 定植作業は慣れてきました。
    畝に苗分の穴をあけてそこに置く感じで定植します。
    結構雑に定植しても立派に育ちます。

今週土曜日は山口県農林公社主催の農家見学ツアーがあります。
ちなみに前回の内容

慣行農法の農家見学なので、どのような苦労をされているかを勉強する良い機会だと思います。
前回と違い研修して知恵を身につけていますので、聞きたいことが山のようにあります。

また来週は、農業大学校短期講習を4日間受ける予定です。

農業研修26日目

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

11/6 [晴れ]快晴 気温23 ちょうど良い気候で熊坂にて研修です。

キャベツブロッコリー.jpg

9/23に植えたキャベツ(手前)とブロッコリー(奥)
1ヶ月半でこれぐらいです。収穫は正月ぐらいとのこと[猫]

今日は前日までの冷え込みのせいか体調が悪く、やや熱っぽい状態での作業でした。
就農後を考えるとこれぐらいの体調では休めない日があるかもしれませんので、あえて挑戦しました。
気温がやや高いこともあり、ほとんど土寄せ作業でしたがそんなにきつくはありませんでした。

本日の作業

  1. ニンジンの間引きと草抜き ・・・・30分
    ニンジン.jpg

    間引きをすると、小さいニンジンが抜けます[わーい(嬉しい顔)](すでにニンジンになっています。)

  2. ハクサイの土寄せ&雑草処理  ・・・・・・・3.5時間
    ツチヨセ.jpg

    雑草を小さいうちにひっかいておけば後は生えてきても白菜を超えることはありません[猫]

    ちなみに最終的には下記のように雑草が共存しています。
    白菜処理後.jpg

    ということで、三角ホーを使ってひたすら畝をひっかきつつ土寄せ。
    前回もブログで書きましたが、急いで作業をするとすぐに体が疲労しますので、ゆっくりやります。
    ちなみに作業時間の3.5時間全く休んでいません。(途中で地元のおばちゃんに話しかけられたぐらい)
    すぐに時間は過ぎていくものです。

  3. チシャの定植 ・・・1時間
    チシャ.jpg
    すでに施設済みの新しい黒マルチに穴を開けつつ定植します。穴と穴の幅は30cm
    穴は左中央に写っている空き缶をぎざぎざに切って押しつけて穴をあけます。
    この辺はS師匠はたいへんなアイデアマンだと思います。(他にもたくさん技があります)師匠曰く、機械に頼らない。
    このあとチシャの畝にビニールをかぶせるそうです。(もう寒いもんね)
  4. 包装作業 ・・・・・ 茎ブロッコリー袋にいれて封をしない状態でしばらくおいておくと、
    ブロッコリーに住んでいるヨトウ虫が出てくるそうです。
    (3匹ぐらい捕獲しました。)
    結構ブロッコリーには虫がいます(無農薬だからね、慣行は出荷前日、実にかけるそうです。)

一日を振り返って

  1. 農作業は微熱ぐらい平気です。(明日ねこんでたりして[わーい(嬉しい顔)]
  2. キャベツと同じ時期に定植した白菜が結球寸前です。
    ハクサイ.jpg

    白菜の生長は早いですね。
    10日後に出荷可能だそうです。[猫]

    この前、阿武町でとれた有機農法の白菜をいただきましたが、とてもおいしかったです。
    スーパーの慣行野菜とは味が違います。

  3. 夕方、チシャの定植中一気に暗くなりました。17:30はまだ明るかったのですが、
    17:45には日没となり、暗くて作業が困難になりました。(何とか終了)
    冬の期間の農作業はかなり短くなってしまいます。

実験2

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

前回、自然栽培の実験を行い、家の庭(たいへん痩せた土地たぶん砕石場の土?)に播いたソラマメから無事発芽したことをお伝えしました。
その後も順調に成長しています。

Image001.jpg

なお前回は以下です。

—————-ここから——————————–

発芽.jpg

二種類のソラマメを植えましたが先に芽が出たのは黒い小さいほうの豆です

3.jpg

そしてようやく大きい豆も芽が出ました。

Image002.jpg
大きい豆[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]

—————-ここまで——————————–

植えた環境は以下です。

  1. 上記は播種して約二週間目の状態
  2. 自宅の庭に播いています。
  3. 土質は砕石場から持ち込んだような痩せた赤土(雑草すら生えていません。)
  4. 地面はものすごく硬いです。(不耕機)
  5. 肥料を一切与えていません。
  6. 使用した種は10/18に参加した自然農学習会の時に自然農で自家採取を続けている種をもらいました。

いや~ここまでは順調に生育しています。(まあ種の養分があるのでひょっとしてここまでは育つのかな?)

稲の場合
自然栽培先輩の元田さんによれば、田植えをして1か月間は稲は大きくならない(苗の状態)
この間は将来に稲が十分に生長するために必要な根の大きさになるまで、ひたすら根を大きくしているという。

慣行栽培の稲は肥料があらかじめあるので、根があまり大きくならないまま大きく育つ。
しかし、根が十分に張った自然栽培の稲はある時期から急速に生長を始め、あっという間に慣行栽培の稲に追いつくとのことである。

とのことなので、ソラマメの場合もしばらくこの状態で根を十分に発達させるものだと思われます。

ちなみに、一般的に病害虫や風、日照りに強い作物は根が十分に発達していると言われています。
なので、そう考えると自然栽培のこの厳しい環境で育てるという考え方こそが、自然栽培の必須条件ともいえます。

さらに、自家採取を繰り返していけば、間違いなく草すら生えない荒涼とした砂地でも立派に作物が育つものだと思います。

ということは、自然栽培は何も栄養がないと思われる土(たとえば砕石場の土) を持ち込むと転換が早いということかな?

ということで、同じように他の野菜でも実験してみることにしました。

Image003.jpg

播種した種類

  1. カブ
  2. ダイコン
  3. ホウレンソウ
  4. 小松菜
  5. キャベツ

全て固定種を播いています。(野口種さんで購入
無事成長して、自家採取できれば、面白いことになります。[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]
但し播き時からだいぶ遅くなってしまったので、ビニールをかぶせています。
(慣行などは追肥などもするんだろうね)

なお、ソラマメは越冬する必要があり、あまり大きくする必要はないので、このまま放置プレー
(ソラマメ自身はその間に通常の3倍に根を大きくさせると思います)
自然栽培はシャー専用ですね。 orz