農薬の使用量は日本が世界一

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

12/07 晴れ[晴れ]
今朝はとっても冷えて霜が降りていました。
さすがは12月です。
というか、あっという間に今年もラスト月ですね!![わーい(嬉しい顔)]

ということで、霜によって家に植えているソラマメがシナ~となっていました。
ソラマメ

ソラマメは越冬しますので、これくらい平気なようですが、少々大きくなりすぎているのが気がかりです。
本によると15cm以内が理想のようですから、ちょっと大きくなりすぎかもしれません。

昨日もブログに書きましたが、マメ科の植物は自らが根に窒素を蓄えることができるため肥料はなくても育ちます。
ちなみに写真のソラマメは採石場の砂地みたいなやせた土地(庭)に植えています。

肥料を与えると窒素過多でかえって根が張らなくなり弱体化して虫にやられてしまいます。
丈夫な作物を作ることが無農薬で作物を作る条件になります。
おそらく一般の農家さんはこの簡単な仕組みを知らないようなので、
化学肥料を播きその結果虫がつくので防除しなくてはということで農薬をつい撒いているようです。

余談ですが、農薬の使用量は日本が世界一です。

世間では中国産が危ないとか言っていますが、実は日本産はもっと危ないのです。
日本の農薬は日数が経過すれば分解して無害になると言っていますが、100%分解するとは思えません。
さらに出荷前日まで撒いているケースもあります。(そういうタイプの農薬もあります)
市場では見た目の良い野菜=高値で取引されますので、農家は虫食いを極端に嫌います。
(そうしないと値がつかないのがいけないのですが)

安全な野菜は無農薬の野菜に限ります!!
虫食いがあってもおいしくて安全なほうがいいに決まっています。

下記写真はうちのソラマメの写真です。
アブラムシ
よく見るとアブラムシが多数います。

アブラムシ2

アブラムシは害虫と言われています。
そして窒素が多い圃場によく生息するとのことです。
ちなみにここは無肥料ですので窒素はないはずです。
今のところ色つやともに新鮮な感じですので、アブラムシは単に寒さよけでここにいるようにも見えます。[わーい(嬉しい顔)]
(そのうちかれたりしてorz)
自然栽培の木村先生も作物に虫はいるけど全く害はないと言っていますので、こういうことなのかなぁという気がします。

僕は今まで農業をやったことがありませんので、この状況を見てもなんとも思わないのですが、
きっと一般の農家さんは必死にアブラムシをなんとかしようとするんでしょうね!!

まあ、春が来ればてんとう虫がサンバを踊りながらアブラムシを食べてくれることでしょう。
てんとう虫さんお待ちしています。

自然栽培は常時土中に窒素を供給する

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

自然農を行うにあたって
何年もの間、耕作放棄された土地であれば、地力が十分ありすぐにでも栽培が可能になりますが、
耕作放棄地が手に入らず去年まで誰かが使用していた場合なども想定しておかなければなりません。

そこで、自然農法でよく言われる地力とは何か?
これについてちょろっと考えてみました。[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]

最近わかってきたことは、作物は土中に窒素成分がないと育たないことです。

慣行農法ではご存知のとおり化学の力で空気中の窒素を肥料化して施肥します。
慣行以前の農法や有機農法では牛フンや鶏糞などを堆肥化して施肥します。
このようにして、窒素を供給しています。

では、自然栽培やMOA自然農法ではどうしているのかというと、

森の木や草を見てもどこにも窒素を供給していないのに勢いよく木が生い茂り、畑の作物でみられる病気は皆無に等しいことがわかります。
森の窒素供給源をよく調べてみると、土中の窒素供給源は落ち葉や枯れ草、マメ科の植物であることがわかります。
落ち葉や枯れ草が枯れるとバクテリアによって窒素が作られ、マメ科植物は根粒菌によって土中に窒素が供給されます。
森は微生物によって窒素を供給しています。

上記を利用して自然栽培やMOA自然農法では窒素を土中に供給します。
これによって無肥料でも作物を育てることに成功しているようです。
無肥料栽培だからといっても実際は何かしらの努力はしているということです。

実は自然栽培ひとすじにを読むまでこの辺のことはよくわかっていなかったので、あやうく自然栽培を行うにあたって何もせずに種まきをするところでした。orz
農業大学で散々肥料(窒素)について勉強しましたので、なんとか上記に気がつきました。[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]

ということで、土の力を発揮させるということは土中に窒素を供給するということです。

化学肥料や有機肥料では時間とともに窒素が気化してしまい場合によっては追肥が必要になってきますが、
自然農法ではバクテリアや根粒菌が土中にいて常時窒素を供給しますので、追肥は必要なく管理は断然簡単になります。

ということで、また一歩自然農法に近づいた気がします。[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]
あとは土地だけです。orz